備さん終了報告と今後の動き

Twitterでは事前に報告させて頂きましたが、連載しておりました「なぜ備さんはいつもいやらしいことばかり想定して危機管理しているの?」が単行本の結果、終了と判断されました。読んでくれていた皆様ありがとうございます。そして中途半端な形で終わることになってしまい申し訳ありません。

色々ありまして酷い百合引き逃げ事故をしてしまった。申し訳ない。
これまでいつの間にかフェードアウトして静かに終了した作品はあるんですが、今回は最終回が無く一巻表記もしてありましたので、きちんと終了報告させていただきます。

今後の動きですが、ナガシノの原稿やって夏コミ受かったら夏コミ注力して、今年中にまたどこかで何か連載立ち上げられたらいいなと。

勝つまでやめんぞ自分は。いや、勝ったらやめるのか?だったらずっとこのままでいいんじゃ……(オイ


そんなわけで丁度時間が空くのでプライベートの事情もあり、引っ越し予定です。
猫可物件というだけで選択肢が少なく選べるほど物件が無い。加えてアシさん雇うことを考えると駅近は外せないので、さらに選択肢ががが。加えて収入の安定しない自営業。

そんなこんなで先日契約してきたのですが、まとめてお金がぶっとんで目眩がしました。さらに家電や家具の買い替えを考えると寒気がする。

今回、問題なのは飼い猫が引っ越し初めてでして、かなり気の小さいタイプなので錯乱しなければいいなと。自分には懐いてくれていますが、猫は家につくといいますし、さてどうなるか。


 

5/5頒布 マキマキファンクラブ会報

mkmkmaitake.jpg
5/5開催の「この声届け、月までも肆」内で開催されますプチオンリー「マキマキファンクラブ」にて頒布されます「マキマキファンクラブ会報」にイラスト一枚参加させて頂いております。自分はモノクロですがマキさんだらけの豪華フルカラー本ですので、興味のある方はどうぞ。

マキさんの合同誌で「マキマキが輝いている一場面」というお題のイラストと小説詰め合わせです。自分はイベントにサークル参加しません+漫画ではなくイラストですのでご注意下さい。

漫画はネタを思いついたので宣伝用に描いてみた。↓
マキマキ0001
マキマキ0002

こちらはTwitterに流しています。
Pixivにもあげとくべきかと考えましたが、やめときました。Pixiv用の漫画は時間取れたら別に描こう。

合同誌に参加したのは、マリみての時以来なのでイラスト一枚とはいえ、描いていて楽しかったです。基本的に自分の本や仕事優先なので付き合いが悪いのですが今回お誘いいただいたタイミングが絶妙に良かったので参加できました。

自分の印象ですがVOICEROIDはコミケよりオンリーのほうが盛り上がっていて、かつ書店に本があまり出回らないので手首に大人用のバンドまいて本収集しに行ってきます。

公式のショップも出店している中、同じフロアで欲望にまみれた薄い本が並んでいるのってカオs…じゃなくてアットホームですよね。うん。


続きは読まなくてもいいマキさんトーク。



 

2018年 初詣行ってきました

2018 04
先月、初詣(?)に行ってきました。
年明けは原稿漬けでしたし、その後は単行本作業などでバタバタしてたので仕方無いですね。

今年も鷲宮神社に行ってきました。…初詣なのに桜綺麗。
正月特有の出店などはなかったですが、いままで行った中で景色は一番でした。
去年、2017年の目標は「連載とって単行本を出す」でしたが、単行本が出たのは2018年3月でしたので、間に合いませんでしたね。でも形にできたのっで良しとしましょう。うん。頑張った。

今年の目標ですが……うーん。どうしましょうかね。もう4月ですしね。
去年の8月から年末、年明けまでずっと仕事にかかりきりで、休日もほとんど無く、正直なにも思い出せない。記憶が無い状態でして…自分のキャパを完全にオーバーしていた。趣味の二次創作の時間が取れなくて心のゆとりが無い。ゆかマキ漬けになりたい。

いままでのコミケ原稿は、マドカノの10日間で32Pがトップの記録でしたが、前回の冬コミは7日間で32Pと自己記録更新しました。……お手伝いしてもらわなかったら確実に落ちていた。本当にありがたい。夏コミ受かったらもっと時間をとって描きたい。

しかし趣味は仕事が充実していないと楽しめないので、仕事は第一。

備さんで結果が出たら「単行本2巻目を目指す」で、駄目だったら「新しく連載をおこす」ですかね。そろそろ判決下ると思うのですが。胃がねじ切れそう。

春から新しい企画作り初めて年内単行本は難しいかなと。ナガシノさんの原稿もあるので。


去年はかなり苦しかったですが、おかげで締切直前になっても慌てない鋼の心を手に入れたよ!…心のどこかが、ぶっ壊れた説もある!


 
このページのトップへ