カテゴリ:【雑記 日常 】の記事一覧

| | 古い記事へ≫



色彩検定3級受けてきました

カラーを上手く描けるようになりたい!

…というわけで最初の一歩。色彩検定3級受けてきました。思い立ったのが10/11で冬季検定の受付締切日。受験日は11/11。悩む暇もなく申し込みました。

cc3201801
試験の中身は複写転載禁止なので表紙だけ

色彩検定でネットを見ると3級は楽。2級と併願いけるいける。むしろ2級からでOK的なことが書いてありましたが、時間もないし、ちゃんと勉強したかったので単独で受けました。

勉強始めて最初の感想が単独の3級からで良かった。

【色彩検定公式サイト】

ざっくりとした3級の内容は
光と色の関係性、目の構造、RGBとCMY、色の分類、慣用色名61色、PCCS、対比と同化、錯覚、トーンと配色、ファッション、インテリア。

勉強配分
準備期間20日間。毎日1~2時間程度を目安に。休んだり、試験前は集中的に時間かけたり。一通り勉強して過去問を解いて時間に余裕ができるくらい。ガッツリ仕事をしながらだと、もっと時間は欲しい。

試験について
受験の会場は住んでいる場所の近場の大学を指定されました。
テスト時間は70分。三級は全部マークシート。過去問からですと200点満点で合格ラインは140点くらい。問題用紙は持ち帰りOK。合格発表は約一ヶ月後。

ちなみに三級試験は年二回開催。検定料は7,000円。

色彩系で最も簡単といわれるだけあり、しっかり勉強さえすれば、やること自体の難易度は高くない感じ。


試験過程
まだ自分はPCCS色相環とトーン表を頭に描いて自由に動かせないので、最初にメモ欄にずらっと書き出し。試験の問題冊子のラスト1Pはメモ欄として空いていました。

過去問でちゃんと問題を理解すれば答えはわかるのに問題読み飛ばして、思い込みで選んで間違うことがよくあったので、本番は気をつけようとネットリじっくり全部当てるつもりでやっていたら、終わったのがほぼ時間丁度。見直し時間が5分という。10分は欲しかった。

ま…まあ迷った問題はあるけど、全くわからない問題はなかったので。たぶん合格ラインはいける。落ちたらマークシートズレて書いてたり受験番号間違っていたり、酷いガバプレイをしたんだと思う。


3級を勉強してみて
勉強らしい勉強にテストっていうものをやったのが久しぶりだったので面白かったです。頭は良いほうじゃありませんが元々テスト自体は好きなんですよね。試合とかも好き漫画賞とかも好きですよ。競うのが好きなのか結果が明確に提示されるのが好きなのか。
あーいや、でも単行本の部数提示されるのは、あまり好きじゃないや(オイ


cc3201802

3級範囲内でカラー塗るのに役立ちそうなのはPCCS全般と対比と同化、カラーダイヤルに配色あたりでしょうか。あとはファッションのコーディネート。役立つかは不明ですが慣用色名は色に愛着が湧く。眺めてると楽しい。全部覚えられるかどうかは横に置いておきますが。

デッサンやるときに影と光の境はコントラストを強めて描きます。そう見えるからです。この現象が縁辺対比だったり。

漫画でタイルの省略した描き方の中で交点部分を消すってやり方もあるんですがこれにエーレンシュタイン効果って適用されてるのかなとか。

スクリーントーンは併置加法混色かな?それとも明度の同化?とか。

空が青く見える理由とか。みかんネットとかまあ面白い。ファッション業界の流行は作られているものって聞いたことはありますが、こういう仕組みなのねなど。

to_1.jpg
漫画のトーンは網点の集まりで濃さは点の大きさと密度で変わる


色の見分けができない
勉強時に色の見分けができないというか、色相と明度と彩度を全部わけて考えられないことが発覚。やはり地の色感覚には期待できない。叩き込むしか無い。

純色に混じっているのが白なのかグレーなのか黒なのかも判断怪しい。中間色や低彩度系が特にやばい。並べて見比べれば違い自体はわかりますが、ぱっと色を出されてdとgが見分けられない。dとsfもわからん。dkとdkgもわからん。dkgとgもだ。彩度低くなると色相も混乱する。

…3級のテスト的にはそこまで厳密に見分ける必要はないんでしょうけど。カラーやるには、このへん見分ける力つけたい。


まとめ
目的は検定の合格というより、怠け者でも強制的に苦手な分野の知識を頭に叩き込むための締切作りです。圧倒的に実践不足でもあるのですが、自分はモノクロ好きだし、カラーをやる暇があるならモノクロ漫画原稿描きたいという考えなので全く伸びない。

興味を持てないのは知らないから。知らないなら知ればいい。色の感覚が不足しているなら論理的に理解してみようというアプローチです。

ゴールは「ちゃんと実践で応用できるようになる」です。そうポンポン結果は出ないと思いますが地道にやっていこうかと思います。3級受かったら次は2級の勉強もしてみたいです。



 

資料探しに国立国会図書館に行ってみた

今回ブログでは国立国会図書館での本の閲覧方法。複写のやり方など書き残しておきます。(2018年10月現在の手順です)

kktn-01.jpg
漫画の資料探しに初めて国立国会図書館(東京本館)に行ってきました。図書館の予備知識はほぼ無し。

漫画で資料は大事です。話を作るにも絵を描くにも資料は必要。
すべて脳内フォルダに入っていて描き出せる人やイメージや空想から描きおこしできる人には憧れるけど、自分はそうではないので資料はやっぱり大事。

自分の目的は…えーと。某キャラクターの設定を知りたかったので昔のゲーム雑誌を掘り起こしに行きました。その存在を知らせてくれたのは偉大な先人の方々です。ゲーム雑誌も漫画も読める。何でも置いてある。それが国立国会図書館。



国立国会図書館の場所
東京都 千代田区永田町。アクセス方法はこちら。

自分は有楽町線を使用したので最寄りの永田町駅から徒歩5分程度。出口を間違わなければ迷うことはないかと。


kktn-02.jpg

お隣に国会議事堂が見えます。写真を撮っておけば漫画の背景で議事堂を描くことになっても怖くないな。
ご一緒してくれた友達との会話で3D素材は特徴的な建物が多いから、気を抜いてビル素材を使っていると都庁が乱立していたりするという話は笑いました。場面転換で場所移動しても都庁があったりするんですよね。わかります。



利用者登録
必要なもの 身分証明書 

初めて利用する場合は図書館に登録が必要です。登録場所は国立国会図書館の新館。案内札が出ています。
前日にWebで調べたら土日で混んでいたりすると1時間かかったりするとあり、構えていきましたが平日昼だったので10分待ちという札が出ていて。ホッと一息。

案内通りに登録用紙に記入。身分証明書と共に提出し札をもらいカードができるまで待機。呼び出し後、登録利用者カードを受け取ります。この時にパスワードが記載された用紙ももらえます。パスワードは後々、任意で変更可能。図書館ではこのカードを使用して全ての事を行います。

利用者登録なしでも当日利用カードを申請すれば制限はつきますが入館できるようです。

入館手続きなど詳しいことはこちら。



kktn-03.jpg

入館
B5サイズ以上の鞄は持ち込み不可
ロッカーに荷物を預けます。荷物の持ち込み用に透明なビニール袋が用意されいます。大きさはA4クリアファイルが入るくらい。
入り口にゲートが有り本を借りたままだと退館不可。


本の閲覧方法
入って驚いたのですが、図書館なのに本が無い。代わりにずらっと並んでいるPC。国立国会図書館では、本棚から本を探して借りて読むのではなく、PC端末で目的のものを探し、申し込んでカウンターでその本を受け取り館内で閲覧する。

なので本を探しにいくというより、目的の本に目星をつけてそれを閲覧しにいく感じでしょうか。個人に対して本の「貸出」はしていないようです。


PC端末の操作ですがカードリーダーに登録利用者カードをセットし、パスワードを入力。図書館用のソフトで目的の本を検索し閲覧を申し込む。

本がカウンターに届くのは申込みから20分前後。おそらく込み具合も影響するかと。一度に申し込める量は書籍は3冊。雑誌は10冊。カウンターに用意ができたら、PC端末に用意できたよってお知らせが表示。カードをカードリーダーから取るとログアウト。

借りた本は閲覧用のテーブルで読める。新しく借りたい場合は、返却してまた端末から申込みをする。


PC、キーボード操作なので、PCを使ったことがない人って大丈夫なのだろうかと疑問がよぎりますが、その分、機能面ではとても優れていて便利でした。館内での状況は全てカードによって一括管理されていて素晴らしい。


複写のやり方
国立国会図書館では本のコピーをしてくれます。もちろん制限がかかってコピー不可のものもあります。ページ数制限もあり。料金も発生します。

複写の申込みもPC端末から行います。端末のメニューから複写を選ぶと、「現在借りている本」の一覧が表示され、そこから「即日」か「後日」を選びます。

その後、画面でプリントアウトの指示が出るのでPC端末の近くに設置されているプリンターのカードリーダーに登録利用者カードを置くと、複写申込書がプリントアウトされます。

複写申込書に複写してほしい箇所を記入。ページや巻数など。複写方法の指定も可。
加えて本には、しおり(図書館で用意された紙切れ)を複写してほしいページの開始部分と終了部分に差し込みます。しおりは複写用紙をプリントアウトするプリンター付近や、複写コーナーに置いてあります。

「即日」複写はすぐに複写してくれます。ただし待ち時間が発生。混み具合により時間も変化。待ち時間は本の貸出中の状態。複写終了後、返却扱いになる。
「後日」郵送複写は郵送料など追加でかかる。カウンターで申し込みをした時点で返却扱い。郵送まで数日かかる。料金後払いのようです。


複写の手順をまとめると

本を借りる

PC端末+プリンターで複写申込書を印刷

複写申込書に記入

本にしおりを挟む

複写カウンターに用紙と本を提出

自分は「後日」を選択。最初に複写のやり方が理解できなくて手間取ったので上記にまとめておきました。

複写サービス説明ページはこちら。


kktn-04.jpg

まとめ
国立国会図書館と名前を聞くとかなり堅い雰囲気を想像していたのですが、そんなこともなく、とても居心地が良い場所でした。また館内に食堂やカフェも入っているので長時間過ごせます。カードによる管理が徹底されていて、とても便利でした。

開館時間も平日は9時半~19時(土曜は17時)までとわりと遅くまでやっていて良いですね。また見たい資料があったら行ってみたいと思います。

国立国会図書館HPはこちら。


 

冬コミ申し込み完了

サークルカット
冬コミ申し込み完了。受かりますように。

これから年末にかけては、漫画の勉強をしつつ、連載目指して次の企画をおこして、ゆかマキにうつつを抜かそう(オイ

あと、そうだ。クリップスタジオ。自分はカラーはクリスタでやっているのですが、まだ漫画の原稿はコミックスタジオなんですよね。流石にそろそろクリスタを使えるようにならないとなと。

過去に二度挫折しているんですよね。クリスタさんと仲良くなれなくて、コミスタに泣いて舞い戻る。コミスタの後継機でないかなぁ。うん。無理ってわかっていますけど。

加えていま抱えている重大な問題は、引っ越しの影響でお世話になっていた珈琲豆のお店に通えなくなり、珈琲豆の供給が尽きてしまったことです。近場の評判の良い珈琲豆店で買って飲んでみても、いまいちで…。珈琲飲まないと漫画の原稿描けないんですけどどどどっ!

また今度、別の珈琲豆店に行ってみます。いいお店が見つかりますように。


 

引っ越し完了

c94
引っ越ししました。

原稿終わった後に一週間ちょっとで荷造り他、諸々準備して、引っ越し後、一週間でダンボール片付け。

引っ越し初日はとりあえず慣れない部屋で夜に無音だと寂しいでしょうし、ネットに繋がってないと死んでしまう人間なので最低限の配線でテレビとPC関係を最優先で繋ぐ。

自分の場合は本とか原稿とか厄介な荷物が多すぎて困りました。特に同人誌は商業媒体の本のように買い直しはできないので取扱は慎重にしなくてはいけない。細々とした物の整理は夏コミの原稿やりながら、ちまちまやっていきます。

肝心の飼い猫ですが、当日はキャリーバックで移動→新居のお風呂場にて開封。トイレとご飯を見えるところに設置→しばらくかたまってしましたが夕方にトイレチェック→洗濯機と壁の隙間に数時間挟まる→夜に家を恐る恐る徘徊→押入れに引きこもる

初日はご飯を食べませんでしたがトイレはした模様。
それから数日はご飯と水は少しだけ、おやつを手であげると、それはむしゃむしゃ食べる。引きこもり、たまに徘徊を繰り返す。

一週間半過ぎたあたりでご飯の量も普段どおりになり、ごろにゃんし始める。
引っ越し前より甘えん坊になっている気がしなくもない。

もう、しばらくはダンボールは見たくないし引っ越しもしたくないですね。



反省点は、荷造りは一ヶ月くらい前から進めておくべきだった。(ゴミ捨ての関係もあり)
猫を風呂場で開封すると初日は風呂場を使用できずに銭湯にいくことになる。
荷ほどきは面倒でも収納場所から進めること。

 

合体するチョコレート

c01 - コピー
申し訳程度のバレンタイン要素ということで、以前お土産で頂いて珍しかったので
撮っておいたチョコをアップ。

2015年に明治日本の産業革命遺産として世界遺産に登録された官営八幡なんちゃら関連施設。そんな感じの鉄をイメージして作った北九州産チョコ。
ボルトとナットのチョコがあり合体できるという変わり種。

c02 - コピー
中身

c03 - コピー
合体するとこんな感じ。キチンと締り感動。
このチョコの凄いところは、何より美味しい所だと思います。

来週は原稿作業動画をアップする予定です。



 

アートアクアリウム金魚尽くし

01 - コピー
9/25まで開催されていたアートアクアリウムに行ってきました。
テーマは「江戸・金魚の涼」だそうで
02 - コピー
金魚展ですね。
着いた駅からすでに列ができていて、行ったのは祝日の昼頃だったのですが30~60分待ちとの最後尾札もっている係員さんがいました。コ…コミケ思い出してモヤモヤする。

会場入りすると薄暗い中、金魚が様々な水槽、ライティングで展示されてしました。そして人でごった返していて芋洗い状態、撮影OKなのでスマホ構える人の山でしたが展示内容は素晴らしく夢中に見て回りました。

03 - コピー
江戸切子というガラス細工と金魚が似合う似合う。


04 - コピー
金魚ゼリー。
鑑賞後は併設されているカフェで一休みしてきました。
こう言うと、語弊がありそうですが金魚がヌチャヌチャしていて美味しかったです。また行きたいですね。自分一人じゃ絶対に行かなかったので今回は誘ってくれた友達に感謝!

今ならスマホ構えるモブの大群を上手に描ける気がします。

 

ヤバイ怖い

IMGP0670_2 - コピー
9月ですね。

一週更新が空きましたが、通っていた珈琲豆売っている店が消えたり
美容院で担当してくれていた方が店をやめてしまったり、
近場のホームセンターが閉店したり色々ありました。絶望だっ絶望しか無いっ!

特に珈琲豆の店が痛い。移転なのか閉店なのか。

漫画は少し調子を崩しているので地味にリハビリ中です。
こういう時は描けるものから描いていこう。

夏コミ原稿の原稿動画も、少ないですが、その内あげていきたいなと思っています。ただ不安が一つ、この前PCが一度ブルースクリーン発症しまして、一度だけでそれ以来なにもないんですが…データのバックアップはきちんとしておこう。

 
このページのトップへ