カテゴリ:【雑記 ゆかマキ 】の記事一覧

| | 古い記事へ≫



星座で考えるゆかマキ

キャプチャ
そういえば先日の9/15はマキさんの誕生日だったみたいですね。pixivの投稿日合わせられれば良かったなと。投稿したのは、クリスタ練習を兼ねたカラー漫画です。

マキさんの誕生日(9/15)は舞-HiMEのなつきの誕生日(8/15)の一ヶ月後でなつきの誕生日は終戦記念日。うん。オッケー。ゆかりさんの誕生日は12/22と覚えやすい。ちなみになつきといえば静なつ。静留さんの誕生日は12/19。わりと近いな。夏生まれと冬生まれは相性が良いのかなんなのか。


せっかくなので生まれを絡めたゆかマキの話でも。

マキさんは乙女座。ゆかりさんは…ギリギリ山羊座なんですかね・射手座の可能性も?
ステレオタイプな星座の性格診断などを見ると。乙女座は気配り親切思いやり、几帳面、理想家、完璧主義と当てはまるような激しく違うような。

加えてマキさんA型なんですよね。ビジュアルだけみるとB型っぽいなと思うのですが。Aと聞くと根っこは真面目なイメージが出てくるJamバンドでも自分の知る限りでは人をガンガン引っ張るエンジンタイプのリーダーでもないようですし。


山羊座は努力家、責任感が強い、現実主義、真面目、誠実。射手座は自由人、楽観的、器用、縛られるのが嫌い。など
個人的には山羊座だと非常に自分好みのゆかりさんっぽいなと。血液型は不明。ゆかりさんは千の仮面を持っていますからね。どんな人間にもなれる。


面白いのは山羊座と乙女座は相性がとてもいいようですが、射手座だと相性が最悪だそうで。反りが合わないゆかマキもいいなぁ。下記は山羊座と乙女座の場合。

「以心伝心」 うんうん。
「お互い自然体」 うん。ゆかマキっぽいね。
「乙女座の気配りと心遣いが、山羊座の心にじんわり染みわたる」 そうそう!
「友達から恋愛に発展する傾向」 ゆかマキっぽい。うん!
「気がついたら恋愛対象でそのまま結婚」 ゆかマキですね。間違いない!

これは当てはまるな、これは違うなじゃあ実際はどうなんだろうか…とか考えると一日が終わる。キャラ作りの練習にはなる。

夜の営みなどは乙女座は愛情重視とか山羊座はガッツリ系とかまあ、色々なことを書かれていますが。自分の印象としては、ゆかりさんは昼と夜は別の顔。真面目で大人しそうな顔をしているのに、夜は旺盛。強い愛情を伴った繋がりを求める。マキさんは甘々イチャイチャラブラブ尽くすのが好き、甘えん坊将軍。でもたまに狼になる。

じゃあなんでこんな印象なんだろうかと考え始めると、また時間が過ぎていく。


近況ですがPCを新調しましてようやく、先程ラストにVOICEROIDをインストールして一息つけました。Windows10変わりすぎ問題。最近悩みがちでフリーズしていたので、とりあえずやれる事からやって動くようにしていきます。

 

5/5頒布 マキマキファンクラブ会報

mkmkmaitake.jpg
5/5開催の「この声届け、月までも肆」内で開催されますプチオンリー「マキマキファンクラブ」にて頒布されます「マキマキファンクラブ会報」にイラスト一枚参加させて頂いております。自分はモノクロですがマキさんだらけの豪華フルカラー本ですので、興味のある方はどうぞ。

マキさんの合同誌で「マキマキが輝いている一場面」というお題のイラストと小説詰め合わせです。自分はイベントにサークル参加しません+漫画ではなくイラストですのでご注意下さい。

漫画はネタを思いついたので宣伝用に描いてみた。↓
マキマキ0001
マキマキ0002

こちらはTwitterに流しています。
Pixivにもあげとくべきかと考えましたが、やめときました。Pixiv用の漫画は時間取れたら別に描こう。

合同誌に参加したのは、マリみての時以来なのでイラスト一枚とはいえ、描いていて楽しかったです。基本的に自分の本や仕事優先なので付き合いが悪いのですが今回お誘いいただいたタイミングが絶妙に良かったので参加できました。

自分の印象ですがVOICEROIDはコミケよりオンリーのほうが盛り上がっていて、かつ書店に本があまり出回らないので手首に大人用のバンドまいて本収集しに行ってきます。

公式のショップも出店している中、同じフロアで欲望にまみれた薄い本が並んでいるのってカオs…じゃなくてアットホームですよね。うん。


続きは読まなくてもいいマキさんトーク。



 

ゆかマキシングルマザー妄想

171010_184409 - コピー
現在は備さんの原稿作業中。疲れてくると妄想に逃げたくなりますよね。今回の逃避妄想はキワモノ系ゆかマキシチュエーション。マキさんシングルマザー編。


マキさんがシングルマザーでゆかりさんはマキさんの子育てを手伝いつつ仕事以外はマキさんの所にいて、自宅には滅多に戻らない同居状態。マキさんはゆかりさんの献身的なサポートに感謝している設定。

ゆかりさんはマキさんの事が昔からずっと好きで今も諦めていない。子供にもめちゃくちゃ気に入られ外堀を埋めながら虎視眈々とマキさんを狙っている。オリキャラ出すのもあれなので子供役は琴葉姉妹で。

マキさんは流石に子供二人いて、ボイスロイドとギターやるの無理だろうし実家の喫茶店働きですかね。ゆかりさんは仕事続けてマキさんの夢の続きじゃないけどミクさんと共演目指していてもいいよ。


お母さんしているマキさんを女の目で見るゆかりさん下さい。
ゆかりさんにソファに押し倒され口説かれて心が揺れた所で子供が帰ってきて、お母さんの顔に戻るマキさん下さい。


爛れた欲望の妄想が先行しがちですが、色々な摩擦を乗り越えて血のつながっていない親と子供がちゃんと家族になる話っていいですよね。



逆にゆかりさんがシングルマザーだと上手く妄想できないんですよね。ゆかりさんって一途というか不器用というか頑なというか一度捕まえたら相手逃がさなそうというか。粘着質というか。旦那がこの世にいない場合は場合はさらに難易度上がるというか。一生思い続けそう。

なによりマキさんはゆかりさんの事を好きでも空気読んで踏み込んでこないだろうし。個人的にはマキさんにはガンガン行ってほしいですが…まあ立場を弁えちゃいそうだなぁと。

しかし未亡人って単語はゆかりさんと合わさると最強に思える。


ちなみに結月ゆかりと弦巻マキ、花魁が似合うのはどっち?脳内妄想は長い協議の結果、マキさんはキャバ嬢が似合うって結論に達しました。



あ、あと10/12は備さん二話目が公開されます。(宣伝)


 

オホーツク観光大使ゆかりさん

オホーツク観光大使結月ゆかりの公式サイトができたようなのでペタリ
オホーツク観光大使 結月ゆかり公式サイト
170919_091713 - コピー

ちなみに、こちらが「オホーツクの観光サイト」 こっちがそのサイト内にある「オホーツクの歴代観光大使紹介

自分は北海道行ったこと無いんですよね。ゆかりさんが観光大使の内に一回くらい行ってみたいな。グッズとかイベントとかやるなら合わせてホイホイ行きかねませんが、現状旅行に行く余裕があるのかと聞かれると全く無い。

ボイスロイドは汎用性ありますし、もっと広まってもいいんじゃなかろうか。あとゆかりさんだと女満別空港でしたっけ。そこからの派生だろうか。
ただまあ、結月ゆかりで検索すると普通にえろーい絵も出てきますし。うん。あれか。うん。


ずん子さんは東北応援キャラだし。セイカさんは京都?琴葉姉妹は大阪??マキさんは…えっと。南の暖かい方がイメージ合うと思う。


オホーツク縛りでゆかマキ妄想するなら…オホーツクってどんな観光場所あるんですかね。イメージじゃ流氷とか塩とかスキーなんですが。ゆかマキのゲレンデ三倍効果凄そうだな。特にマキさんはスポーツいけそうだし、さぞまぶしいでしょうね。

ゆかりさんは人によってスポーツいけるかどうかのイメージが分かれそうですが、自分は、ゆかりさんはそつなくこなすよ派です。
二人がリフトに乗っている姿を想像するだけでほっこりする。


あと軽く検索すると湖とか池や滝とか?監獄とか刑務所。あ、ひまわり畑っていうのは、とてもゆかマキだと思う(オイ

一応公式サイトへのリンク貼ってありますし、濃厚な妄想はやめておこう。



 

肉を見ているとマキマキを思い出す

170812_183041 - コピー
今回のコミケの打ち上げでは肉を食べました。肉を食いながらの百合トーク楽しかった。
別々の好みでも語り合えるのはいいものだ。

その中で話題にもなったのですが百合だとやはり男性が介入してくるのが嫌な人が結構多いんですよね。うんうん。
しかし、そうですね。自分が百合に男性を絡めるとしたら…うーん。


ゆかマキで例えると、マキさんがライブの後テンション上がってしまうタイプで男性と誰彼構わず致してしまうガバマキさん設定とか。マキさんを心配してゆかりさんが介入してきて、男性関係を窘める。それに対してマキさんはムッとしてしまって勢いでゆかりさんに手を出してしまう。

一度ゆかりさんの味を知ったらハマってしまって、ゆかりさんと以外する気にならなくなってズブズブ堕ちていくとかそーゆーの大好物です。マキさんヘテロっぽいけど同性愛も似合うし困っちゃいますよね(オイ

好みとしては、ドライな関係では無く元々ゆかりさんはマキさんの事を好きで、どうせマキさんの恋愛対象は男性で心は手にはいらないのだから身体だけ繋がってもいっかと割り切って許したけど、マキさんにガチで惚れられてからのラブラブハッピーエンドなウェッティな関係でお願いします。

美味しい部分は一番最初にマキさんがゆかりさんに手を出してしまう所ですかね。「じゃあゆかりちゃんで処理させてよ」とかのたまうマキさんに対して経験ないのに「別に構いませんよ」と大見得を切るゆかりさん。…で、実際始まると、ぎこちなくて慣れてないのが丸わかりで、弦巻さんが煽って意地悪にいくのか、自分のことほっといてゆかりさんに夢中になってギュンギュン導くかは神のみぞ知る。

見せ場は、お互いの気持ちが繋がって両思いになってからのアレですよね。あ、でもそれまでキスだけはしてなくて、ラストにキスで締めてもいいよ。この話の肝はマキさんの悪癖が改善される事であり、今まで身体がいくら満たされても、すぐ空っぽになってしまうマキさんがゆかりさんと0距離になることで、初めて身体だけではなく心が―…


…と打ち上げの時にボイロもろくに知らない方々に、こんなどぎつい主張をしてもドン引きされるだけなんで、ブログにこっそり書いておくよ。

でもこんな妄想しているけど、マキさんは貞操観念かなり、しっかりしていると思います。


食べた肉は全員の語彙力が死ぬほど美味しかったよ。
飯テロ肉画像と、どぎつい百合妄想の食い合わせ最悪ですね。


※記事の数が増えていたので、「ゆかマキ」のカテゴリ作っておきました。雑記カテに入っています。カテゴリ分けはいつも迷うのですが、主に妄想が入っているのを選り分けてあります。


 

コミケ用原稿作業追い込み中

キャプチャ
ゆかりさん好きだけど。メイドというか家政婦的なもので雇うなら実利面で圧倒的にマキさん。家事ばっちりそうだし、気遣いの鬼だろうし美味しいコーヒー入れてくれそうだし目の保養になるし。完璧。

薄い本的には定番の夜のお仕事などオプションサービスは、こちらは完全に無視していいんで、ゆかマキで絡んで資料写真を沢山撮らせて下さい(真顔
ちなみに別件で某所に取材に行った時は1200枚ほど資料写真を撮ったので、そのつもりで。ファイリングもしますよ。


アシスタントならゆかりさん。細かい作業得意そう。小物とか定規使う背景上手そう。チェックも良くしてくれそう。でも適当に描いてっていう指示には弱そう。ずん子さんは、速さは無いけど、しっかりした背景描いてくれそう。自然物得意そう。ベタも上手そう。枝豆描かせたら凄そう。

ただ自分が今まで書いた漫画で枝豆が登場したことは一度も無い。

葵ちゃんは物凄い速さで凄い背景描いたり、ベタ塗ったりトーン貼ったりプロアシレベルのことしてくれるよ。茜ちゃんは原稿にインクぶちまけるよ。



マキさんがアシスタントの場合は…


机におっぱいが乗ると思う。トレス台使うと傾斜でおっぱいがこう…あれですよ。下からの光で立体感もこう…あれですよ。熱を持ったトレス台で下乳部分が暖められてこう…あれですよ。



うん。疲れているのかもしれない。


 

「ゆかりん」呼びは可愛い

170515_164751 - コピー
貧乳派ですが、マキマキのおっぱいは良いおっぱいだと思う。

次に描きあげようとしているネタで「ゆかりん」呼びが多発していますが、「ゆかりん」ってあだ名は可愛いですよね。

マキさんが「ゆかりん」って呼ぶの大好きだし、一番しっくりくるんですけど、実際自分で二人の恋人関係を描く際に、あだ名じゃなくて、ちゃんとマキさんにゆかりさんの名前を呼んでほしくて現在は「ゆかりちゃん」呼びに落ち着く。

「ゆかりちゃん」は遊びがないように見えても、友達感と初々しい恋人感と可愛さのバランスが絶妙に詰まっているかなと。


読み手としては、「ゆかりん」でも「ゆかりちゃん」でも「ゆかり」でも「ぬかりん」でも何でもいいです。同様に「マキさん」でも「マキちゃん」でも「マキ」でも「弦巻」でも何でもいい。

友達感を強調したいなら「ゆかりん」「マキさん」なのかな。一番スタンダードな感じもしますね。可愛い系だと「ゆかりちゃん」「マキちゃん」。熟年コンビ感を出したいなら「ゆかり」「マキ」。いや、しかし「ゆかり」「マキさん」の組み合わせもいいですね。

こう…一昔前の夫婦が旦那の事を「さん」付けで呼ぶ的な奥ゆかしさが。

「ゆかり」「弦巻先輩」とかも夢が広がるな。「結月さん」「弦巻先生」とかもエロいな。いや、しかし弦巻先生は生徒に対して間違いを犯しそうにないし、可能性を求めるなら「結月先生」「弦巻さん」か?でもマキさんってゆかりさんが本気で土下座すればやらせてくれs…

どちらにしても、ゆかりさんがどうやってマキさんの理性を溶かすかが問題だ。

こうやって書き上げてみると、自分はマキさんが上でゆかりさんが下の関係が好きなんだとわかりますね。あとマキさんを常識人で理性的とも捉えているようです。でも恋人関係になると獣化するんだな。わかる。枠組みを大事にするのかな。記念日や誕生日をきちんとお祝いしそう。

ゆかりさんの事は、大人しそうな外見だけど、欲望に忠実というか羽目を外す側面もあると捉えているのだろうか。でも基本的には真面目な感じですよね。というか二人揃って真面目系な雰囲気が。まあ、色々な捉え方ができて多様性があるのがボイロの良い所でもありますし、あまり固めるのも良くないかな、いやしかしある程度固めないと動かせない。

漫画を描く上で、自分の「好き」を分析するのは大事ですが、知りたくもない自分の中身と対面して毎度、頭を抱える。全ての好きには大抵理由がありますしね。
自分が百合好きなのにも、ちゃんと理由があるんですね。


マキさんがゆかりんって呼ぶ漫画も描いてみたいですね。「ゆかりん」の可愛さは異常。

 
このページのトップへ