カテゴリ:【漫画制作雑記 漫画の画材 】の記事一覧

| |



漫画の画材 つけペン小話

以前ブログでも書いたことがあるのですが、改めてまとめてみました。

【今回は漫画原稿で使用しているつけペン、「ペン先」のお話をします】
pen02
左は日本字ペン100本入りの箱、右は10本入りケース三段重ね


漫画制作の主役であるつけペンですが、ペン先には色々な種類があります。自分が使用しているのは下記の3つです。個人的な使用感となります。

ゼブラ Gペン(10本入り 800円)
定番中の定番。ペン先が柔らかく、細い線から極太の線まで多彩な線が引ける。しかし取扱の難易度が高い。自分が使用しているのは普通のGペンではなく金色の「ゼブラ チタンGペンプロ」です。普通のGペンとの違いは別記。キャラの主線に使用しています。


タチカワ 日本字ペン (10本入り800円)
マイナー?しなやかな線が引ける。引ける線の幅はGペンより狭い。変わった形をしていますが、癖がなく扱いやすい。Gペンと同じ軸で使用できます。現在は髪、服の皺、細かいキャラ、背景などオールマイティに使用。


ゼブラ 丸ペン (10本入り 1400円)
定番。細い線が引ける。描く時のカリカリとした音が耳に心地よい。ペン先が固いので、抜きが作りやすく、集中線に使用しています。(アシ先が丸ペンで集中線を描く所だったので、そこで慣れた)あと背景。丸ペン対応のペン軸が必要です。Aタイプと柔らかめのEタイプがありましたが、Eタイプは生産終了したようです。



「ゼブラGペン」と「ゼブラ チタンGペンプロ」の使用感の違い

元々Gペンはペン先が非常に柔らかく、最初は丸ペン並に細い線が引けて太い線もそこそこ引けます。
ペン先がほぐれてくると、かなり太い線が引けるようになります。

その代わり、細い線がひけなくなってしまうのですが
この金色のGペンはそのカバー範囲が広いというか、最初から細い線と太い線がひけて、ある程度、使い込んでも細い線が引ける感じ?これは体感としてパッとわかるレベルかと思います。
あと紙に対して滑らかで引っ掛かりが無い気が。

耐久性は従来の4倍と描いてありますが、自分は普段1本につき6枚程度なので、表記通りなら
24P分いけるはず。10本で240P。
現在、使っている物がただの当たりなだけかもしれないので、
真の使用感がわかるのは10本全部使ってみてからでしょうか。

しかし、これで10本の中でハズレが無いor少なかったら乗り換えですね。
従来品のGペンまとめ買いしたのが80本くらい余ってるんですけど…いや練習用に使えばいいか。

2014年の当ブログより引用

そして現在2018年。4年使用し続けた感想ですが、もう普通のGペンに戻ろうとは思いません。耐久性ですが、直近の連載だと備さんなのですが、24Pを1本でいけます。

ペンのハズレもほぼ無しでストレスフリー。ゼブラさんありがとう。欠点はまとめたページ数を描かない時に新しく下ろしてしまうのが勿体無い…でしょうか。高いので。

「ゼブラ チタンGペンプロ」は10本入り2500円です。
ゼブラ 公式サイトのつけペンまとめページはこちら

pen1
左から「Gペン」「チタンGペンプロ」「日本字ペン」「丸ペン」


■つけペンの小話
ペン先は消耗品です。線がイマイチになったら取り替えます。頻度は人によります。1Pごとに交換してしまう人もいれば、漫画一本描いてしまう人も。

加えてペン先は同じものでも個体差があり、当たりハズレがあります。ハズレを引いたら素直にそのペン先は諦めて新しいものに付け替えます。当たりを引いたらラッキー。いつもより気持ちよく線を引けます。

使い始めは油(?)がのっていてインクをはじくので拭いたり水ですすいだりして拭き取ります。昔はライタ―で炙っていましたが劣化すると言われた事があり、それ以来、炙ってません。あとはまあ、単純に紙の傍で火を扱うのも危ない。

また、インクのつけっぱなしで長時間置いておくと劣化します。こまめに水ですすいで水気をふきとってあげましょう。


■つけペンは慣れが必要?
つけペンは使うのに慣れと技術が入り、躓く人が多いかと思います。特に不器用には辛いものです。自分も躓いて転げ回りました。

自分の躓いた原因を振り返ると最初に手にしたペン先は漫画の技術書などで「定番」「初心者用」的な扱いをされているGペンでした。Gペンはポテンシャルは高いのですが、扱いが難しいです。今から考えると躓いて当然かなとも。

自分も未だに使いこなせていませんが、まあそこは練習あるのみですよね。

個人的には日本字ペンがとても扱いやすかったので、Gペンに絶望した方は一度使ってみてほしいなと。まあ今はデジタルという最終兵器があるんですけどね。


■つけペンまとめラストに
自分の話ですが絵が上手くないので、どんなつけペンでも大して変わらない。と昔は思っていました。道具全般に言えることですが、道具ごとに使用感は違いますし合う合わないもあります。

道具一つでちょっとでも絵が上手く見えるなら安いものです。

扱いやすい画材を探す努力は上手な絵を描けるようになる努力よりはるかに楽です。やっといて損はありません。


 

漫画の画材 定規の小話

【今回は漫画原稿で使用している定規のお話をします】
日常使いしているものの紹介ですので、ボロくて汚いです、お目汚し失礼します。


漫画で使用する定規ですが、特に制約はなく手に馴染むものを使えばOK。自分が使用している主力はこちら。
mgdj-01.jpg
方眼スケールF2 30cm  方眼スケールF2 20cm メーカーはレター

メーカーさんの定規ページはこちら

ブログを描くために調べたら、Amazonで取扱なし。そういえば画材店で最近あまり見かけないような……買い溜めしておくべきでしょうか。画材って気がつくと廃盤になっていたりすることが多いので気が抜けません。

定規は方眼の有無、厚さ、柔軟性、エッジの角度など色々ありますが、上記の定規は厚さは標準、比較的柔軟性があるタイプ。エッジは浅めです。方眼はサイズを図るときはもちろん、直角の線を引くにも役立ちます。加えて、そこそこ横幅があるので、修正液やインクを乾かす際に団扇代わりにもなります。

欠点は裏のメモリが長期間使用していると薄くなってきてしまうことです。これをカバーするために自分は透明のフィルムを裏側に張って防止しています。



漫画で定規を使用する際、つけペンで使用する場合はそのまま使用するとインクが定規と紙に当たって滲んでしまいます。

これを防ぐためにつけペンで使用する場合は定規を裏表逆にして使用します。エッジによって定規が紙から浮きインクが滲みません。むかし読んだ漫画の描き方の本で一円玉を定規にはって浮かせる方法が紹介されており、実践しておりましたが安定性がいまいちで普通にひっくり返して使うようになりました。

mgdj-02.jpg

ちなみに画材店で一円玉代わり使える、このような薄い円形のものがあります。お名前は「フローティングディスク」。裏側にテープが貼ってあり、定規にくっつけて使用できます。一円玉より厚みが薄く安定感あり。オススメです。加えて定規が紙にくっつかないので汚れません。

mgdj-04.jpg



↑こういうのです。
品揃えの良い画材店なら似たようなものが置いてあるんじゃないかと。


話を戻しまして主力の定規のお話。裏返した際にエッジが浅すぎて平べったいと隙間にインクが入り込んで意味がありません。厚さとエッジの付き具合でつけペンに当たる部分が変わってきますので使用感が変わります。

インクが付いたらこまめにティッシュで拭き取ってお掃除します。さぼっているとインクがボタ落ち事故がおこるので注意。
背景を描くときはつけペンのインクと定規についたインク、原稿用紙の乾いていないインクに気をつけながら作画する必要があります。慣れていてもたまに事故は起こる。

なので自分は背景をミリペン多用で処理してしまうんですけどね。修正面倒くさい。

主力2つ以外で使用しているのはこちら
雲形定規と円形定規。メーカーはDELETERSTAEDTLER。あとは雲形定規より浅い曲線用ユニカーブ定規(四枚組のうちの一つ)あと写真に載せるのを忘れましたが、遠いパース用に45センチの普通の直線定規も持っています。

mgdj-03.jpg
右の青いものはテンプレート 正円一枚 楕円二枚

雲形定規は種類が色々あるんですよね。今のを選んだ基準はただの色の好みです。
作画で大変なのは楕円。テンプレートサイズに幅がない。でも出てくる場面は多い。手書きと雲形定規で頑張るって場面が多いです。


え?デジタルならどんなサイズの楕円も描ける?それを言ったらおしまいですよ。



……最近は定規に無いサイズの楕円はデジタルで描いちゃってます。


 

漫画の画材 ミリペン小話


久しぶりに動画をアップ!キャラのペン入れ動画です。ミリペン多用ページ。


【動画内で少し話をしましたので、今回ブログではミリペンのお話をします】


漫画を描くうえで、つけペンの他にもミリペンを使用します。自分が主に使用しているのはコピックマルチライナー0.03。ピグマの0.05~1.0を使用しています。
2つともメジャーなので多くの方が使っているのではないでしょうか。
mp01
上がピグマ。下がコピックマルチライナー。


なぜ0.03だけコピックマルチライナーかというと、0.03という細さがピグマに存在しなかったからです。……昔は!
現在はピグマにも0.03があります。マルチライナーに慣れてしまっていてピグマがしっくりこなかったので自分は引き続き使用中です。

メーカーはピグマはサクラクレパス。コピックマルチライナーはTOO。どちらも価格200円(税抜き)程度。

画材を扱う文房具屋さんに置いてあります。太さ関しては相当こだわりがなければ全種類揃えることもないかと。
ピグマは0.05、0.1、0.2、0.5、0.8、1.0あたりを使用しています。

枠線に使用する場合は、人によりますが0.6~1.0あたりですかね。
0.8をアナログ時代は使っていました。お近くの漫画の単行本などを見ればわかるかと思いますが、枠線も太さ、間隔、人それぞれです。



動画だとよくやっているのですが自分の場合は一部のキャラや背景もつけペンではなく、ミリペンで描いてしまいます。以下の使用感などは自分が実際に使って感じている個人的見解です。

・ミリペンのメリットは手軽さ。線を引くのに技術がいらない。
・デメリットは消しゴムを強くかけると線が薄くなる。つけペンのように強弱のついた線が引けない。


メリットの手軽さですが、インクに気を配る必要がありません。サッと出して、安定した線をずっと描き続けることができます。とにかく楽。また、背景作業時は定規を使用します。つけペンですとインクの乾きに気を使う必要がありますが、ミリペンならノータイムでOK。

デメリットの強弱のついた線が引けない。ですが力加減で結構強弱はつけられます。まあ、それをやると先が潰れて線が太くなるのですが…先が潰れたミリペンと新品のミリペンでは番数は同じでも太さが違うので使い分けるといいかと。0.05など顕著。

それ以外にもラインを重ねる。数本の太さを使い分けることでカバーできますが、つけペンなら力加減で全部できます。使い分けは重要。
さらにアシスタントですとミリペンが駄目なところもあるかもしれません。ミリペンはつけペンのラインのほど綺麗な線や味のある線は引けません。割り切りが必要です。

消しゴムで線が薄くなるのは致命的な部分でもあります。自分は消しゴム掛けをしない作業形態なので多用する傾向あり。



【 最後に改造ミリペンをご紹介】
邪道な使い方ですが、犠牲となるのはコピックマルチライナーのサイズBM。
先っぽを切って断面をカッターで切れ目つけて少しばらけさせます。断面切れ込みの角度と切れ込みの本数はお好みで。
mp02
点線部分をカット


んでこれをスタンプの要領でポンポンとやると木の葉っぱを楽に描けます。そのままだと規則的すぎるので少し手を入れる必要はありますが。昔、教えてもらった今でも使っている小技です。

実際にやってみたのはこちら。左がポンポンしただけ右はピグマの0.1とゼブラの筆サインで軽く手をいれたもの。インクが切れかけなので少し薄いですが。
mp03
※誰でも改造ミリペンを使えば木の葉が描ける!ではなく、木の葉を描くのを楽できる!補助的なものです。


今回は触れませんがゼブラの筆サインは今度単体で語りたいくらい好きです。

森や林を描いていると眠くなりますよね。人の原稿に使うのは許可がいるかと思いますが自分の原稿だとかなり楽できます。え?デジタルでパターンブラシがある?それを言ったらおしまいですよ。


……パターンブラシ。楽ですよね。うん。


 
このページのトップへ