ハッピーサプライズ!

h4.jpg

仕事でしばらく消える前に更新。
えっと計算適当なんで間違ってたら大いに突っ込んでやって下さい。
はやてブレードは何やらドラマCD化決定のようですね。これが噂のハッピーサプライズってやつですか!いやっほう!この調子ならアニメ化も近いかもしれませんね~。いや、めでたい。
少し前に発足したはやブレ布教委員会ですが現在10人の方からハマりました報告を受けております。すげえ!布教するもんですね!やっぱりはやブレ面白いんですよ!

…で自分はこれから仕事で家を留守にするわけですが、その期間に購入予定の発売される物。

・舞-HIME DVD9巻
・舞-HIME ファンディスク
・舞-HIME PCファンディスク 2巻


………来月まで生殺しですか…orz
帰ってきて見る頃には祭りの後…。何かDVD9巻は期待できる内容っぽいじゃないですか?ふふふ…トコトン祭りに乗り遅れる奴ですね。舞-HIMEにハマッたのも最近だし。
はは…我慢できるかなぁ…。しかしまあ、仕事しないとお金稼げないし…。うん…。


何で人間って働かないと生きていけないんだろう…


では続きははWEB拍手の返事です。溜めまくってすいませんー。

 

静なつ風 放課後ハイド&シーク

m18.jpg

千絵とあおいのキャラソンを静なつ妄想してみた。
舞-HIMEのキャラクターボーカルアルバムの 「初恋方程式 第2楽章」 は静留の「片恋艶花」の為だけに購入したんで、他の曲は一度も聞いたこと無かったんですよ(オイ
しかしどういう風の吹き回しか昨日ふと思い立ち全部聞いてみる。

…うん。放課後ハイド&シークは結構好きかもしれない。

っていうか何?このバカップル orz
ここまでやってくれると清々しいですね。やはりデュエットは美味しい!そこで妄想。脳内で静留となつきにこの歌(台詞付き)を歌わせてみる。



………無理です。



こんなの歌わせたらクルーガーさん恥死してしまいます!
いやー、この百合ップル二組は方向性が180度違いますね。うん。
上のイラストはただ静留にニャ―ンって言わせたかっただけです(殴

あー…でもなつきに酒を飲ませてベロベロにすればいけるかもしれない。

「今夜は寝かさないぞ しずるー」(泥酔)
「あん。なつきのいけず~♪」(ご機嫌)


妄想ってすごいなぁ…(*´Д`)
最近は自分の妄想力が怖いくらいですよ。こりゃあ第一楽章も購入したほうがいいですかね…。

曲を全部聴いた今でもやはり静留の片恋艶花は別格です。キャラ補正もあるだろうけど、あれは凄い。WEB上で「一日中聞いてた」とか「200回以上聞いてる」とか書いてあるの見たことがあって、その時は「またまた~。」なんて思ってたんですが、気がついたら自分もリアルにそれぐらい聞いてました。orz
恐るべし情念パワー。
舞-乙HIMEでは是非ともクルーガーさんとヴィオーラさんのデュエットを聞いてみたいものです。

ちなみに第二楽章のジャケの静留。歌詞カードにはその色付け前の線画の状態やつが載ってるんですが、あれが自分が一番好きな静留のカットだったりします。原画があれだけ可愛いのに下から光を当てるだけで何故あんなに恐くなるのか不思議で仕方がありませんorz

おまけ(その時、雪之は…)
m18y.jpg


最近自分に天然王子属性がある事が発覚。なつ静…なつ静…静なつ……まあどっちが上でもいいんですけdッー(殴

あ、あとバナー増やしました。お好きな方を使ってやって下さい。
もう気分は舞乙モード。



 

舞乙が楽しみで夜も眠れません

m13.jpg

新番組 舞-乙HIME放送開始まであとわずか、放送枠が縮小で各地で怒号と悲鳴が渦巻く中、今からすごいテンションで楽しみにしてます。、自分の所はテレビ東京が映るので放送の遅れなども経験はした事がありませんでした。しかし今回は改めてこの恵まれた環境に感謝したい。本当によかった…。

最近寝ても覚めても舞乙の妄想ばかりしてます。しかしどのパターンを通っても最後には必ず血まみれのシズルに辿りつくのは何故でしょうか…orz
まあその血は敵の返り血だったり、自分の血だったり、クルーガーの血だったりするわけですが(オイ
幸せなシズルが全く妄想できない、鬱展開、悲劇スキーな自分。

基本的に主人公の憧れの人というポジションはかなり美味しい設定、しかし悲しいかな、そのポジションは大抵、ダークサイドに堕ちるとか途中で死んで主人公の糧になると相場が決まってます。
…が、どう転ぼうと美味しい設定には変わりありません。
途中退場だろうと華々しく散っていただければいいじゃないですか。ここぞという見せ場があれば問題無し。さらにそこに、あかねちゃんばりのクルーガーの絶叫が加われば最強です。絶対泣く。絶対泣きますって!むしろ想像してもう泣いた。最終回までOPで二人仲良く映ってるの見るだけで毎週泣く。

しかしここは舞-HIMEスタッフ。斜め上の展開をいく可能性もあります。そこで斜め上の展開を妄想。

・最初はそこそこ目立つものの最後まで何の暴走もなく背景キャラとして終わる。
・シズルの性格からナツキスキーを抹消。ノーマルに。どこの馬の骨かもわからない男がマスター。ナツキを裏切り無慈悲に頭を踏みつける。


…こんなのは嫌だ…orz
ナツキの頭を踏むシズルは見たいけどこんな展開は嫌だ…(オイ

なんて事を想像しながら一日過ごしてました。
舞乙の公式サイトはガンガン更新されてますね、美術室にはアニメ雑誌に載ってたイラストが勢ぞろい。ナツキとシズルは常にセット販売。

では続きはチャンピオン感想。




 

静留のなつき完全攻略法

m16.jpg

今日は休みだったのでメインサイトも一緒に更新。
…流石に漫画2Pは辛いらしい。今回の日記は少し生っぽいので訓練の足りない百合スキーさんは気をつけて下さいね。




実は某掲示板で面白いのを見つけまして今回の漫画の元ネタはそこから拝借しました。ずばり「ノンケを落とす方法」。場所が場所なんでどこまでネタかは分からないんですがヤバイくらい面白かったんで要約して紹介。

・じっくり時間をかけて親友、友達になる。
・まずはスキンシップから、真後ろから肩を抱きしめる等、途中で他の娘にも触って危なくないよとアピール。
・身の回りの世話をやってあげるのも高ポイント
・冗談を交え相手の性質を見極める。

…えっ!?ちょッ静留オールクリアしてるよ!流石っ!
ではでは、さらに続けて紹介。

・二人っきりになった時に「可愛いね」攻撃。大抵は流されるがたまにいい反応の娘がいる(狙い目?
・自分の存在が一番大切って思ってもらえる所までいけばかなり上手くいく確立は上がる。
・告白してフラれても親友の立場を捨てなければチャンスはある。
・きっかけは恋愛と友達の境目みたいなもの、キスがモードの変わり目。




……………何?この静留に優しい掲示板…(*´Д`)


何かすごいネタがたくさん落ちてますよ?舞-HIMEのコミック版ですら妄想できる自分にはここは刺激が強すぎます。もうえらい妄想が止まりません。
興味があったら検索かけてみて下さい。すぐ見つかると思います。
しかし、そこも生っぽいので訓練された百合スキーさんだけにお勧めします。

メインサイトでサイトの縮小報告したら、いきなりWEB拍手で色々メッセージ頂きました。
いや、自分の場合、マリみてが全体的に好きなのに比べて、舞-HIMEは静留となつきにピンポイントで捕まった感があります。
前半のノリがどうしても駄目な方は駄目だろうなぁと…。そういう自分も前半より後半の鬱展開好き。17話からが本編だと信じて疑わない少数派。キレた奈緒、泣き叫ぶ命、般若顔な舞衣、崩れたなつき、壊れた静留。もう最初からこれをやってくれと!(やめなさい

ただ白薔薇好き…特に旧白好きさんは危険かもしれません。簡単に言えば情熱家のテクニシャンと綺麗な心の娘モエー?切なさマックスハート。
出会いも桜の舞い散る頃ですから(オイ


 

コミック版 舞-HIMEのススメ

m14.jpg

お知らせ 今さらですが8月の中旬から後半にかけてメールの受信ができない期間があった模様です。基本的に返信は全てしています。返事がキテナイヨー。って方はお手数ですがもう一度送って下さると管理人が速攻で返信します。本当にすいません orz

では本題。コミック版舞-HIME5巻発売に合わせて全巻揃えてみました。各地の情報でだいたいの内容は知っていたのでそこまで驚くことなく完読。結構楽しめたので紹介してみます。簡単にいいますと楯が主人公。舞衣となつきのダブルヒロイン。静留はHIMEじゃなく変わりに遙がHIME。チャイルドは鍵(なつき、舞衣の場合は楯が「鍵」となる)が傍に居ないと出せない。って所です。
ここでは静留となつきにスポットライトを当てて紹介。
全編静なつ展開にする裏技講座あり。最後はチャンピオン感想。

以下、長くなりますので注意。ネタバレ全開。


 

あんたはうちのもんや

m12.jpg

静留が奈緒をピーでピーしたり、なつきまでピーになったり挙句の果てには執行部コンビもピーする漫画のネーム描いてたら普通の絵が描きたくなったので真面目なオチ無し絵。こういうの描くと身体が痒くて仕方ありません。
描くこと自体は好きなんですけどね。

相変わらずDVD8巻の静留シーンばかり、リピートして見てます。初見の時は、なつき回想の唇だけ紅い静留さん。「うっこれは流石にキモ…」なんて失礼極まり無い事を思ってた訳ですが今では「ウハッ!たまらねぇっ!」と叫んでしまう自分は立派な静留狂です。あれはいい…。
なつきの妄想力が羨ましくて仕方ありません orz
続きはチャンピオン感想です。


 
このページのトップへ