本家サイトと統合しました。

mari1.jpg

という訳で、「きのこなべ」と「きのこなべ避難所」は統合しました。

本来は愛人宅であるはずの避難所に本妻が転がり込んでくるというドロドロとした展開に目が離せません(オイ
とりあえず避難所はこれまで通りの緩い運営でお品書きにマリみても加わる。といった感じです。本家についていたWEB拍手も掲示板も撤去。こっちに付けても怠け者の管理人が回しきれないんで感想やらツッコミはコメントだけに絞ります。内緒話したい人はメールでお願いします。反応が遅いかもしれませんが全部返信しますんで。リンクに関しては後々考えていきます。

では報告はこれぐらいで通常営業に戻りましょう。
えー今回書きたいのが全部ジャンルバラバラなんで小分けでいきます。

ますBLEACH
WEB拍手で今回は必見。とメッセージを頂いたんで今回はビデオをセットしつつ鑑賞しました。いやー最近見忘れる事が多くて…orz
それもこれもジャンプの超展開に半分ついて行けなくなってるのが原因だったするんですが…。で、今回はやっと砕蜂の番が回ってきました。旦那(夜一さん)が嫁(砕蜂)を誘拐した所で百合タイムは終了(早っ)。続きはまた来週です。やはり砕蜂の声はいいですねー。早く泣き叫んで欲しいでsっ…(殴

ただ次回予告でありえないものを見てしまいました。
砕蜂の「刑戦装束」露出度大幅ダウン…?
はははははっきっと気のせいですよね。自分の目の錯覚だ。脇とか背中とかフトモモに白い布が巻き付いてるなんて…そんな…そんな…orz

ついでに今度出るブリゲー。
砕蜂が出るらしいですが対応機種が「ゲームキューブ」

…ゲームキューブナンテ、モッテナイヨー…orz

百合姫
やっと出ました待望の第二号!そしてやっぱり一番楽しみなのが林家先生の「ストロベリーシェイクSweet」。今回の笑いの見所は樹里亜のらんらんヌード攻防戦。全体的にギャグ濃度は薄めでストーリーが急展開。いや…この後本当にどうなるんですか!?らんらんあのビジュアルなら人気でそうですよ?樹里亜より人気が出たらどうなるんでしょうかね~。次回が楽しみです。そんなストロベリーシェイクは1月18日に単行本発売。ちなみに百合姫第3号も同日発売。
部数はどれくらい出してくれるんでしょうかね…。普通の本屋には入荷しないだろうなぁ…入荷しても2.3冊ぐらい?
難民にならないように気をつけなくては。

絶対可憐チルドレン
やっぱり単行本だと安心して読める自分。もう何回読み返したのやら…(w
そんな絶チルは少年サンデー公式サイトで壁紙大量配信中。
ちなみに自分のデスクトップは静なつから一時的に「普通の人々」の「並」画像に切り替え中。

…うん。これはマリみての桂さん好きにオススメ(オイ

最後は舞-HiME
金曜日からまたしばらく消えます。
なんで今週は舞乙の感想できるか微妙です。
もう今から4話が楽しみで仕方ないです。学園長に何か期待しててもなにも無いんだろうなぁ…と思いつつ何かを期待している自分がいる。



 

舞乙感想 第3話「はじめてのケ・イ・ケ・ン」

記憶力テスト
「何の資料も見ずに舞乙キャラをフルネームで答えなさい。(何人でも可)」

ナツキ・クルーガー
シズル・ヴィオーラ
アカネ・ソワール
ミコト
ジュリエット・ナオ・チャン

アリカ・ユメミヤ
二ナ・ウォン
エルスティン・ホー
サコミズ・カージナル
アオイ・セノー

シホ・ユイット
チエ・ハラード
ヨウコ・ヘレネ
トモエ・マルグリット(ヒナギク?)
マリア・グレイトバーチャン

マシロ・ブラ・ゲット
イリーナ・ムリーナ
リリエ・コマッタチャン
ナギ・ダイナマイト
ユカリコ・センセイ

ごめん…マリアから適当。
語感とリズムを大事に捏造してみた。
では続きは第三話の感想です。




 

幼女スキーと言わないで



先月某所で自分に幼女スキー疑惑がかけられました。
…いやいや、ご冗談を。そりゃあ皿にムチムチの熟女と小さい女の子乗せて出されれば小さい女の子を取りますが…(殴
実際自分は今まで小さい女の子はほとんど描いた事がありません。描きたいとも思ったことなかったですし。
…というわけで今回試しに描いてみる。ミニクルーガー。

気がついたら小さくなってたなつきさん。マジで驚く5秒前。

好きなもの マヨネーズ
生息地 生徒会室近辺、裏庭、静留の部屋
天敵 命、奈緒


幼女スキー疑惑はクラウファントムメモリーのクリスマスに悶えていたのを見られたのが原因。いや…だって可愛いじゃないですか!クリスマスは文句無しですよ。しかし自分が好きなのはそんな…幼女なんて…いや、きっと母性って奴ですよ?邪まな感情なんてノンノン。服を脱がすなんて言語同断。むしろ色んな服を着せて遊びたい。

そりゃあ「サクラ大戦」では最終的にさくらを捨てコクリコに走ったり、
苺ましまろ」見てニヤニヤしたり、
ガンスリンガーガール」全部集めてたり、
「愛してるぜベイベ」のゆずゆに萌え狂ったり、
「ウインドミル」のミニちゃんこと、尼美田千代に転んだり、
ここだけの話「スーパードールリカちゃん」をビデオに録画してたりしましたが…

いや、でもコクリコとゆずゆ以外は百合成分が入ってますから。うん。きっとそのせいですよ。はっはっはっ。


…だんだん痛々しい日記になってきたのでここらで退散としましょうかorz




ミニクルーガーは無事に静留に保護(捕獲)。とりあえず面倒をみてもらうことに…

m22.jpg


まさに、飛んで火にいるクルーガー。





 

舞乙感想 第2話「乙女の園を駆ける疾風!?」

本編とは関係ないんですが
奈緒となつきは正直いいコンビだと思います。パヤパヤしてるのもかなり萌えます。ただその場合必然的に静留が泣く。

…そこが問題だorz

では舞乙感想は「続きを読む」で。


 

絶チル単行本もうすぐ発売

zetiru.jpg

「絶チル」こと、「絶対可憐チルドレン」。椎名高志先生の最新作。現在少年サンデーにて連載中です。その単行本がもうすぐ発売!本誌を読まずに単行本の発売をドキドキ正座しながら待っている信者さんは何も見なかったことにしてバックプリーズ。

この絶対可憐チルドレンは今時珍しいエスパーモノ。
凄腕エスパーの小学生三人組が大活躍。三人の育成係の皆本の運命や!?
未来の予知システムでこの三人は度を越えた超能力の力で世界を滅ぼす悪魔にもなりえるし、世界を救う天使にもなれると予言されます。その値が開始当初は五分五分からスタート。皆本は三人の極悪化を阻止できるのか!?
ちなみに連載開始当初のキャッチフレーズは

「地球の未来を左右する。超能力美少女育成コメディー」

何やら怪しい臭いがしますが中身はいたってマトモです。はい。サンデーですから。変な期待しちゃだめ。

右から作戦参謀、思考が大人な悪女「紫穂」(サイコメトラー)
一応は常識人、出身京都な「葵」(テレポーター)
三人のリーダー格、テンションの高い女好き「薫」(サイコキノ)
最後に本来その三人の育成係「皆本」…を描くべきだったんですが趣味で今回出た新キャラ、
衝撃のセミヌード「ナオミ16歳」(サイコキノ)

これは百合でもないし萌えでもないと思います。…いや、まあ無理すれば三人組で百合百合…小学生ハァハァ……ってできなくもないですが自分はそういう風には見てません。何が好きかって?椎名節が好きだからですよ!ノリもそうですがどこかちゃぶ台ひっくり返している作風というか…ああ…上手く説明ができない。漫画に虐められるのが好きな人はいいかもしれません。読めば何となくわかると思います。
はやブレとは全くの別物ですが読めば「ああ…」と納得されるかと。

椎名先生といえば自分が好きな漫画家さんでありますが、以前話題にあげた林家先生とは違うベクトルの「好き」です。あえていうなら林家先生は「愛」で椎名先生は「尊敬」。子供の頃から大好きでした。少ないお小遣いでGS美神の単行本買ってましたよ。もちろんアニメも見てました。ついでに言うならゲームまで持ってました。

椎名先生を知らん。という不届き者は「GS美神極楽大作戦!!」を全巻読め!なーに、たったの全39巻。ワイド版なら全20巻だ。

…なんて自分が言われたらキレると思うんで暇があったらサンデー覗くといいと思いますよ。うん。それで読めそうだったら短編集の椎名百貨店あたりを見てみると素晴らしいと思う。このシリーズは一杯出てるらしいんですが比較的「椎名百貨店超GSホームズ極楽大作戦!!」あたりなら手に入りやすいかと…。でもやっぱり一番のお勧めは「GS美神極楽大作戦!! 」です。

…とまあ宣伝してみました。
絶チルは10/18ごろ1巻、2巻同時発売です。しかもサンデーによると大量の描き下ろし付き。ベテランがここまでやってくれてるんです。これは買わねばなるまい!

おまけ
いつもサンデーは知り合いの方に一か月分まとめて見せてもらってる不届きモノなんですが今回は新キャラ、ナオミ16歳につられて購入。(45号)
そしたら「からくり」でまた泣いてしまった…orz
この作品…たまに本気泣きさせられるから堪らない。




 

舞乙感想 第1話「ユメノ☆アリカ」

なんか画面が白いと落ち着きませんねー。模様替え前の方が居心地がよかった気がします。戻そうかなぁ…

…で、とうとう始まりました舞乙!
ネタバレ回避のため、感想は続きを読むで。



 

気分は舞乙モード

m20.jpg

奥さん!とうとう舞乙が始まりますよ!木曜日の深夜25時30分から。でも第一回目の放送は25時40分からなんで注意してくださいね。(お前がな

…というわけで意味もなく避難所を模様替え。うん。あまり変わらないですね。レイアウト崩れてたら報告お願いします。
先日、勧められた「初恋方程式 第1楽章」買いました。
ネタバレ微妙にしてますんで注意してください。




…買ってよかったです(*´Д`)

なつきの曲は静なつフィルター無しでも、なつき→静留ソングでした。
優しいなぁ…本当に優しいよなつき…
…と感動しながら描いた絵は何故か悪人顔のクルーガ-さん。
恐らく気分が舞乙モードなのと歌詞の「悲しみが舞う世界をあなたのために壊したい」ってのが上手く頭でブレンドされたみたいです。

アニメが始まる前から妄想しまくってるんですが、シズルで遊びつくした自分の脳はどうやらターゲットをクルーガーに変更した模様。
最近の妄想クルーガーは「この世界はもう駄目だ」なんて言い出しました。さらには氷づけにしたシズルを愛でたりしてます。全くもって天晴れな妄想です。でもよくないですか?ナツキに支配されるシズrtっー(殴

話戻って初恋方程式。まだ全部は聞いてません。とりあえずなつきと奈緒のだけ聞きました。
しかし改めて聞くとアレですねこの三人。

奈緒「誰かあたしに気づいてよ」

なつき「悲しみが舞う世界をあなたのために壊したい」

静留「愛しい人のなか灰になりたいの」



葱姉妹、重っ…!内容が重すぎる…orz
軽量級がなつき、中量級が奈緒、重量級が静留って所でしょうか…。
まだ歌詞カードでしか見てませんがドッカーン!とか言ってる場合じゃないよ碧ちゃん。

続きはチャンピオン感想二連発です。



 

DVD最終巻+PCファンディスク



やっとこさ帰宅。留守中に届いた舞-HIMEグッツを貪って気分はスーパーハイテンション。…が疲れと眠気には勝てずに一日爆睡。ちょっと冷静になってきた所で避難所更新です。

今回はDVD最終巻とPCファンディスクの感想垂れ流し。長いので暇な時にでも読んでやって下さい。

DVD見て一番好感度が上がったのは命でしょうか。元々、命の戦闘シーンは大好きだったんですが如何せん中身が人間離れしすぎて感情移入全くできなかったんです。…が何故かDVDで見返すと
海辺で舞衣に突き放され泣き喚くシーンとか、カグツチに攻撃対象にされどこか悟った表情で「なら仕方ないな」なんて言うシーンとか、楯が消えて泣き叫ぶ舞衣の声を聞くに堪えず耳を塞いで走り去るシーンとか、ラーメン食って「まい…うまい…まい…舞衣…」なんて大泣きするシーンとか…

こいつ…いい表情しやがる(この変態が

命の見方が変わったのは漫画版の影響もあるかもしれませんね。漫画版の命…影が薄いけど好きなんですよ。2巻の命VS晶戦で舞衣の語りで「それくらい強いの」って所の命のアップは絶品。さらには最終巻の舞のカタキだ!ってのはアニメでもやって欲しかったです。

でも命は舞衣より奈緒と組ませた方が面白いと思います(オイ


では本題。静なつ中心DVD感想

24話
静留の「力…戻ったんやね…」は何度見ても泣けます。少し作画が崩れてるのも泣けます。疲れきった表情がもう…。しかし某MADのせいで静留の窓からニョキ…な出現シーンはどうしても笑いが…

映像特典「命の想い」
舞衣<ラーメン

25話
VS静留戦だからでしょうか…「想いの強さは力となる!」ってシーンのなつきはやたら顔が幼い感じで可愛いと思います。やっぱりなつきと静留が消えるシーンはもう少しタメが欲しかったですね。しかし本質は違えど愛し合って消えていった二人に乾杯。

映像特典「なつきの想い」
パンチラ+ヌード 誰かなつきに服を着せてやって下さい…orz
でもあの皆で歩いてる所の笑顔は素晴らしいですね。まさに静留の願いが現実になった瞬間。

26話
この最終話はご都合主義やら何やらで賛否両論でしたが
尺が無いんですよ。ええ。だから自分は仕方ないと思います。
以前一回見たときは「ふーん」って感じでしたが何度か見返すと「うん。いいんじゃない?むしろGJ!」と変化しました。

…ええ自分は単純な人間です。

全員集合が大好きなんです。(15話もかなり好き)
一回死んで生き返る王道展開も大好物です。サクラ大戦やって本気で泣いた奴ですから…(オイ

最後、媛星に向かうなつきと静留にときめきました。

HIME全員集合に魂が震えました。

カグツチの最後の一撃に鳥肌が立ちました。

ああっ昔の血が騒ぐっ…!←戦隊モノ好き


欲を言えばHIME戦隊とオーファンの入り乱れる戦闘が見たかったです。
まあこういうのは楽しんだ者勝ちですよ。

ディレクターズカット版
静留は我々が思っているより遙かに強かったようです。個人的には自分の罪の重さに耐えかねてゲロったり、ぶっ倒れたりする静留が好きだったんですが、これはこれで美味しい。
というかこの調子でアプローチされたらなつきは絶対口説き落とされると思います。頑張れ静留ー。

…と、感想を書き終えて見直すとやはり自分はなつき派なのか…。
正直言いましょう。
一目見た瞬間からクリティカルヒットでした(オイ
まさに静留状態。逆に静留は最初はえらいビジュアルに特徴がなかったんでスルー…静留は後半になって中身に惚ました。

ちなみに自分が全話中もっとも静留に胸を打たれたシーンは20話の炎の中で長刀を振るシーンです。…うん。たぶん少数派。
今まで決して動く事のなかった静留がシャレにならない戦地に駆けていくへタレの背を見てとうとう辛抱できずに他のHIMEの前で力を使う…。何度見ても胸が…胸が苦しい…orz

そんなこんなでDVD感想終わりです。
続きはエロトークPCファンディスクの妄想垂れ流しです。



 
このページのトップへ