3年C組+1~愛の劇場~第2話



突然のあやのの告白に困惑するこなた。
断るものの流れに任され関係を結んでしまう…身を引きずり帰ると、いつも変わらぬかがみが出迎えるのであった。
この事件を打ち明けるべきか否か、こなたは今日も眠れぬ夜を過す。
狂い始めた4人の歯車…3年C組+1~愛の劇場~次回「かがみんは見た」


…と昼ドラ風に仕上げてみた(オイ
今回から3年C組+1~愛の劇場~にタイトル固定

今日考えている所までネームをきったら何かえらい昼ドラ展開になってしまいました。これは全員ヤンデレ化するかもしれんね。
黒化、ドロドロ展開、四角関係などに抵抗のある方。冗談の通じない方はこのシリーズは見ないで下さい。…一応ギャグでいくつもりですが―。ってなんか脅かしてますが個人的には余裕で許容範囲な展開です。

ただ、らきすた系ではここらへん結構シビアな方多い感じなんで、一応注意書きをば。
次回からは一番上に注意書きつけときます。

みさおとこなたとかがみの三角関係は美味しいはずなのにどうにも書きにくいなーと思っていたら単にみさおがいい奴過ぎるせいだと最近判明した。あと兄がいるせいか何なのかノンケオーラが立ちまくりなのが原因か…。

それを言ったら、あやのもノンケだろって話ですが二面性ありそうだから実はみさお狙いでもよさそ―ッ(殴

さらにそれを言ったら、こなたもノンケだろって話ですが、そんなの関係ねえ!(殴

最後にかがみもナンパ待ちとかしているんだからノンケだろって話ですが、残念ながらそれは無い(オイ

 

たとえばこんな告白 衝撃のこなた



空前絶後のこなみきに続き、新ジャンル開発あやこなはどうだろう(オイ
この場合もちろん、かがみ、みさお絡めて昼ドラ展開!
まあ、結局自分が描くと100%こなかが展開ナンデスガ

本当は今回、某百合ゲー×2のレビューと百合小説紹介をしようかと思ってたんですが
昨日、仕事場の皆さんと井上雄彦 最後のマンガ展行ってきたんで軽く感想でも

前情報で全部書き下ろしって聞いてたんで、墨で描いた一枚絵の展示なのかなと、あーどうせならバガボンドの生原稿見てみたかったなーと思ってたんですが行ったら驚き
げ…原稿書き下ろしている…。馬鹿でかい墨の一枚絵もある…全部漫画になってる…腰が抜けるかと思いました。

しかも展示品にガラスケースとかもないし、ロープも張ってない。0距離から作品見れる大盤振る舞い。トーンはがした後とかも見えるし。もう漫画の域じゃないんですが、ちゃんと漫画な(どういう意味だ)貴重なマンガ展でした。

入場制限のおかげで、人がみっちりで作品見れないとか無いですし、見に来ている人の年齢も様々。一人で原稿かぶりつきで見ている人もいれば、カップルで回る人、なんか泣いてる女の子の集団とかもいましたねー。

井上先生はもちろん凄いんですが、恐らくアシさんが描いたであろう、背景…。トーン0で細かいカケアミだけで濃度の処理をしているコマとかあって…あれは一体何のペンでカケアミしているのかと小一時間。作業量想像して戦々恐々。
原稿を1コマ1コマ見ていると話が入ってこない、話を追うと原稿の線をジックリ見れない。なんというジレンマ。

当日券の列は土曜日だったので、えらい並んでましたが、前売りの予約券取れたら取った方がいい気がします。上野の森美術館、7/6まで入場料1500円だったかな?
そんな訳でファンだけでなく、バガボンド読んでる人、漫画描いてる人とかは行かないと勿体無い気がしますね。迷っている人は絶対行っとけって感じです。

結局、今までスルーしてきた画集とDVD買ってしまった…orz


 

どっちが嫁でも美味しく頂けますが

raki18.jpg

月4を目指すなら下手にペース配分せずに、更新できる時に更新しとくべきだと悟った。

公式の絵にはかがみ嫁、こなた婿の絵が無いって事で自分で描いてみる。
かがみのドレスはゲームとか俺の嫁下敷きとかのを合成、ブーケは適当、こなたのタキシードは萌えドリルあたりのを引っ張ってきた。

先月(?)のメガミのピンナップで「かがこな夜の営み絵」に続いて「かがこな朝チュン絵」が付いて多くの患者が倒れる中、左下にひよりんが描かれていて「妄想でしたー」という綺麗なオチがついた訳ですが、これはひよりんを誉めるべきなのか、あちらの巧妙かつファンタスティックな作戦に絶望すべきだったのか長く悩みました。ニヤニヤしながら。

しかし、絵の捉え方を変えず、かつ妄想無し、脚色無しでこの絵を事実に変える手段を思いついた。夜の営み→朝チュン(ネタ晴らし)だからいけない!朝チュン→夜の営みと順番を入れ替えてしまえばいいのだ。

すると夜、自宅でネタ出しの為、かがこなの朝チュン図を妄想するひよりん一方その頃…というゴールデンピンナップが完成って…あ、すみません。デスヨネー普通の人は引きマスヨネー逆に重傷患者さんは今更それかって感じデスヨネー半端ですみませんー。

以下 文才0の自分が実験的お遊び
ラストのネタの意味を理解できたあなたは自分と同じ妄想エロマイスター

次回予告(嘘)

konakona.jpg「さぁて次回のゆり☆すたは?」

kagamin.jpg「かがみです」

konakona.jpg「こなたです。いやー慣れない格好って疲れるネ。いつもはかがみがタキシードだったじゃん?でも思ったワケだよ。かがみは私の嫁なのに私が毎回、花嫁ってのはおかしいと!」

kagamin.jpg「私の意志は無視かよ!人前で勝手に嫁嫁言うなと何度―っ
あーっもういいわ。次回『初夜』っておい!こっこんな話聞いてn…ッ」


konakona.jpg「今夜は二人で仲良くパン工場~」


 

らき☆すたDVD最終巻感想でも

raki17.jpg

パティとかがみの相性の悪さは異常

とうとう最終巻まで本編を見てしまった。でも大丈夫さOVAがあるから!チマチマ見ていて良かった。んでは簡単に本編感想を

23話「微妙なライン」
・かがみんこなたとの電話タイムでブチキレ 萌死一発目
・「善処しますよー」かがみのみさおに対する冷たさは異常
・その後にこなたとのイチャイチャタイムを入れるスタッフは鬼畜
・かがみの手綱(ツイン)を持ち華麗に乗りこなすこなたはテクニシャン
・結局こなたの買い物に付き合うかがみ
・ラノベ>みさお みさおは怒るか泣いていい

24話「未定」
・こなたはかがみの操縦方法を分かっている
・こなた「ええ~いいのぉ?」 萌死(かがみと一緒に)二発目
・みゆき=ボイン もっとみゆきさんは胸を強調していい
・かがみのジャージ姿 萌死三発目
・ヅカ喫茶 ひよりんは天才
・何気に優秀な人脈:こなた 仕切り:かがみ スケジュール管理:みゆき 後輩、集団慣れ:みさお 実行力:パティ …などなど、意外とバランス取れてて笑った。適材適所みんなで何かをやるのは素晴らしい事だ。
・本番直前のミス こなた&かがみ顔赤くして、息を荒くしてお互いの顔見つめないで下さい。萌死四発目

以上感想でした。
次の楽しみはfigmaのこなたかなねんどろいどは見送った自分もこれは買っとかんと。かがみと揃えて大人の人形遊bッ(殴

前回までやっていた漫画を始める際に付けた拍手ですが、一応通常営業に戻ったので外しておきますね。ラストも多くの感想ありがとうございました!
これだけ頂けるとまた描きたくなるから困りますねーしかし68Pは断る!(w

最後に過去ギャラリーの更新のお知らせ。
ハグって!オーマイかがみん(仮)の保管庫への入り口もそこに置いておきましたので。


 
このページのトップへ