「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」感想


そんなわけで、この前購入した「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」を一通りクリアしたので
簡単に感想でも。とても面白かったです。誰が可愛いって主人公のかおりんが可愛い。
主任さんを食べたいとか言うかおりんが可愛い。

物語の中軸には、なるべく触れないようにしますが、キャラなどネタバレ要素を含みますのでご注意を。
興味のある方はRead Moreからどうぞ。

 

ただし中学生以上に限る

今週も色々動きつつ変わらない日々。
最近の図書館通いで使用していた自転車が酷いパンクをしました。古かったのもあり、新しい自転車(紫)購入。大事に乗ろう。

白衣性恋愛症候群は来週あたりには感想描けそうです。非常に面白い。
誰が可愛いって主人公が一番可愛い。

加えてレンタルビデオ店が100円セールやっていたので、以前から薦められ続けていた「なのは」シリーズ見てみました。3期での肌色露出のポイントを絞ったフェイトさんは素晴らしいと思います。子供をあやしている姿を永遠と見ていたい。あとスーツとおっぱ(ry は無敵のコンボだと再認識した。

新しい発見としては、どうやら自分は中学生以上でないと百合妄想ができないらしいです(オイ
また一つ賢くなりました。


 

白衣性恋愛症候群購入

man.jpg
相変わらず、ネーム描いたり色々してます。ペンネーム変えようかという話もでたりしてますが、ナウでヤングなPNなんてそうそう出てきません。

そんなわけで、以前から気になっていた百合ゲー。「白衣性恋愛症候群」買いました。微妙に買い逃していたら追加要素の入ったRE:Therapyが出たので、そっちを購入。百合ゲーなら、まず売らないのでVITAでダウンロード版をポチりました。
評判もよさげだったので、期待値かなり高い。

個人的に百合ゲーでもっとも大切なのは、カップリングの主軸となる主人公のキャラを自分が受け入れられるか、どうかなんですが…この主人公はいいですね。ええ。主張も強くないし可愛い。うん。いい。保護したい。可愛い。

タイトル通り、舞台は病院。看護師なりたての主人公が社会の壁にぶつかりつつ、まわりに支えられ奮闘する話。この辺から、プレイするのは社会人の方のほうが色々面白いのかもしれません。

まだ二時間くらいのプレイですが、現状は百合百合な訳ではなく主人公の仕事話が主軸です。病院の専門用語などが解説付きで見れるので意外と勉強にもなって面白い。ただ先輩から立ち上る百合オーラによる圧迫感と便の検査で違う穴にイレチャッタ!な患者の女の子による微妙なアプローチ、怖い主任さんのパンツによる精神攻撃など、これからの展開に期待。

しかしご飯を食べながらのプレイはオススメしません。嘔吐とか嘔吐とか、もらいゲロとか噴水のようなg(ryなどのテキストで微妙な気分になったのは自分だ。

一通りクリアできて、面白かったらまた感想書くと思います。
しかし、休憩所のもぐらって何だろう…気になって夜も眠れない。

 

神がジャングルの王者になれと言っている

相変わらずアシやってネームとか色々やり続ける日々。
基本ムシャクシャしたことがあるとやるゲームがMinecraftです。連載していた漫画が終了した直後もずっとやっていた伝説の洋ゲー。ついに封印を解く日がきましたよ!(オイ

簡単に言うとブロックで構成された無人の世界で遊ぶゲームです。道具を組み合わせて新たな道具を作り、家を作るもよし、畑や牧場を作るもよし、洞窟探検するもよし、無心で整地作業するもよし。何をしてもOK。

バージョンが上がっていたので新しい世界を生成して最初からプレイ。


今回のスタート地点はジャングルでした。
最初にプレイした時は雪原、次は湿地帯。今回は一面の密林です。

微妙に長い上に、漫画とか百合とか関係ないんで続きは折りたたんでおきます。興味のある方はRead Moreからどうぞ。



 

無論死ぬまで

とりあえず、ブログのテンプレートとTOP絵を変えて気分を一新してみる。

TOP絵の子は、以前のHP開設時に看板娘として描いた子です。ポニーテールで着物+エプロンに竹箒を装備。元の絵は昔過ぎて、もう画像が発掘できない…。
画面を開くだびに痛い言葉でソフトに罵ってくれる俺得仕様で復活。
他はサイト説明部分とTOPのオリジナル宣伝部分だけ追加してあります。

まだ形にできるかは不明ですが、進めている企画を地味に作業中です。課題は沢山ありますが、やっぱり絵ですかね。というか最近はペンのラインが致命的なのではないかと。前から気づいていましたが、自分のペンの線は何故ここまで己が無いのか。


「自信持って描いてないから駄目なんですよ。グズなあなたには苦いコーヒーがお似合いです」

…と看板娘さんに微妙に罵られつつ、おもてなしされたい!

 
このページのトップへ