生産力とゆかマキ上半期総括

niki - コピー
下書きなしで絵をサッと描けるようになれば生産力が上がるんじゃないかなと思ったけど無謀な気がしたので、まずは地道に下書きの線を減らしていく事を考えようと思いました。

しかし練習で下書き無しのペン画で度胸を鍛えるのはアリだと思う。

3月から6月まで、ゆかマキ祭りやっていて漫画6本投下は自分としては、かなり頑張ったペースじゃなかろうか。特にゆかりさんのキャラ掘りで描きたいネタを描けたのは良かった。マキさんのキャラも育てたかったけど、こちらはタイムアップ。

でも見返してみたら、ゆかりさんのキャラ堀り漫画も、ゆかりさん視点に入っていないというかモノローグは無いし、中心はゆかりさんだけど、それを他のキャラから見る形式で描いてますね。余所余所しい。

なんかこう、土器の発掘作業で形を崩さないようにそっと掘り出しブラシかけていくような事をやっているなと思いました。

マキさんはどんな形になるんだろう。まだアホ毛とおっぱいしか見えない。ぶっちゃけ現段階でなんでマキさんがゆかりさんの事を好きになったのか掴めてn(殴

でもゆかマキを好きになった時点で自分の中で答えはあるはずなので、あとは鏡を見ながらシャドーボクシングするしかない。ただ、これはやりすぎると気が狂うので注意が必要。


でも、しばらくは仕事と夏コミ準備でバタバタするので、次に描く時はキャラ忘れている気がしなくもない。



 

ネームとザルチェック

mks
ネームが上手くまとまらなくて、のたうち回っていたら水曜日。

考えるんですよ。ネームが上手くまとまらない。手が止まって何も進まない。
一日ネームやっていたのに、何の成果も得られない。

こういう場合その日、自分は仕事をしていたことになるのかと。

精神衛生上よくないので、確実に進められる仕事と成果に波のある仕事は同時進行でやる方がいいんでしょうね。ただ、ネーム中は頭がネームモードなので切り替えが難しい。いや、しかしできるようになっておかないと。


上は仕事のお話で以下 趣味枠。

総集編って昔の原稿を掘り返すわけですよ。漫画を描いている方ならわかると思うのですが、ぶっちゃけ昔の原稿って見るのって苦痛というか羞恥プレイというか気が沈むというか。
まあ、恥ずかしさは流石に麻痺してきているのであまり気にならないのですが。

そして逆に昔の方が良く描けていても気が沈むから、よろしくない。目をそらすとミスを見逃して修正を入れ忘れる。単行本作業でも同じなんですけどね。

だから自分はザルチェックに定評があります。

あっそうか、ならアシさんにチェックお願いすればいいのか。きっと丁寧にやってくれるはず。…自分はアシスタントしている時もガバガバチェックでザルだった記憶がありますが。まあ人それぞれですよね。



見直しの上手な方にコツを聞きたい。



 

コミケ92当落

C92SC.jpg
◎貴サークル「きのこなべ避難所」は、土曜日 東地区“A”ブロック-32a に配置されました。

受かりました。理想はまどほむ新刊一冊と総集編です。
ネタ?い…今から出しますから平気平気。
今回二日目なんですね。お越しになる方はご注意下さい(自分含む)

作業が終了するまで趣味活動枠は夏コミ原稿に集中します。とりあえずアニメ全部見返してきますね。



加えて、VOICEROID2のゆかりさん購入しました。
ボイロ2 (2)
マルチボイス便利ですね。あと設定を細かく保存できるのはとても良い。マキマキの立ち絵は既存のものですが、EXと変わっていて新鮮。
VOICEROID2民安ともえのパッケージ絵もこれで問題ないな!(懇願)


粘膜
最後に夏コミ作業に入る前にサクッと描けそうなネタで肉体的、粘膜的接触をするゆかマキ分を補給。自給自足って素晴らしい。

でも自分の絵じゃ興奮できないorz


 

恋の歌+【動画】「リリカノ」原稿作業風景3

結月ゆかりの恋の歌
たまに需要無視して柄でもない綺麗な漫画を描きたくなるんですよね。しかし精神、間接的な描写すぎて自分のゆかマキ分が枯渇し大ダメージ。


肉体的、粘膜的にイチャイチャするゆかマキ下さい。


「弦巻マキの音は結月ゆかりのモノにはならない」に続き、ゆかりさんのキャラ堀り用漫画です。マキさんの音が大好きなゆかりさん。でも悪いな君が好きになった弦巻マキのギターは初音ミクに捧げられるんだ。


そのかわり、あの大きいおっぱいは君のものだ。


しかし、ゆかりさんは努力家なイメージがあるので、きっと自分の力でマキさんの音も全部まとめて手に入れる日がくるでしょう。

前々から、ゆかりさんを描くならIAさんにも、触れておきたいなと思っていたので今回描けて良かったです。あとはマキさんを神様と崇め奉る黒髪で小さいギターの子にも、いつか触れてみたい。

マキさんのキャラ堀りもしたいのですが、マキさんを描く上で避けられないのが「お母さん」ですし、人の生死が絡むので気軽に描けない問題。しかし強く健全な精神を持っていそうなマキさんが母親の死という明確なトラウマを持ちというのは非常に魅力的ですね。


今回は総ページ数10P。原稿用紙だと9枚分だったのですが、これはストーリー漫画の初心者用。最小構成枚数の8P漫画に挑んでページ調整で敗北した成れの果てです。

漫画って必要なこと以外を削って、無駄ゴマを無くして、その上で詰め込みすぎないように読みやすく構成して、規定のページ数に収める最適化作業があるのですが、調整しきれませんでした。大体マキマキせい。

8P漫画はテーマだけ決めて、構成は状況設定と見せ場とオチで何とかなるので漫画の練習にお勧めです。取捨選択の勉強になります。

勉強に徹するならページ数は守りましょう!



加えて遅くなりましたが原稿作業動画アップしました。
今回は杏子とさやかのページ。
キャラのペン入れと背景作業です。杏子が苦手というのは作画面のお話です。
というか得意なキャラのほうが少ない(オイ

そろそろ夏コミの当落結果がでるかな。

 
このページのトップへ