犬猿の仲って大事ですね

m92.jpg

ネームしてゲームしてゲームしてネームしてゲームしてゲームしてゲームしていたら
あっという間に10月。時間の流れは残酷である。

今更サクラ大戦5買ってプレイしてました。
いままでとはちょっと色が違うがまあ面白いよーとは聞いていたので
中古で購入。ちなみに自分は3好きでご贔屓は1.2さくら3.4はコクリコです。

うん。面白かったですよ。見た目微妙だったんですが何だかんだ言って
ちゃんとキャラには愛着湧きますし。うん。サクラ大戦ですね。
ただちょいとストーリーに穴がありすぎな気が…。勢いで誤魔化しきれてないですねー。
その為、キャラへの感情移入もしきれないんでときめき半減。

自分はこの人たちをまとめるなんて無理だよって奴らが最後は一緒の目標に向かって
チームとしてまとまるってのがたまらなく好きなんですが
5は最初から皆さん協調性があったので苦も無い分、楽しみもいまいち。

…と何だかんだいっても戦闘もちょっと難易度が上がってましたが面白かったし
ジェミニとラチェットクリア。ジェミニはもしかすると一部を除いて
今までで一番普通の子なんじゃなかろうか…。さくらみたいに重くないしコクリコみたいにふと暗い目をしたりしないし。普通に可愛い。
ラチェットは声さえ合っていれば最強だったんですがねー惜しい。
ご馳走様です。全員クリアは…今回は無理ですorz

しかしやはりキャラにファンがついているシリーズものって難しいんだなぁとしみじみ感じました。キャラを使い続ければ腐っていくし新キャラに入れ替えれば前キャラと比べれれますし。
やはり続編を作る場合は最初の作品を越える金と技術と根性が不可欠なんだなーと。

サクラ大戦5はキャラや脚本に衰えは感じるものの気合は伝わってきたんで
6が出たら買わせて頂きます。頑張ってるなぁ。来年はDSでダンジョンゲーム出るらしいですね。キャラ総出演で。微妙に嫌な予感はするがコクリコが出るなら買わざる得ない…。

舞-HiMEシリーズも一発気合見せて欲しいところです。


 

Comment

アップデータ→検証→不良発覚→開発へ要望
→Newアップデータ→検証→不良発覚→開発へ・・・
こちらもこんなこと会社でしててもう10月ですorz

しかし静留からの場合、なつきに母として思われて
いると感じた場合、喜ぶのかショックを受けるのか
微妙なところかとw

サクラ5は出たころにすぐ買ってやりましたねぇ。
ただ穴が空いてるというか、サクラ大戦1・2では
夏休みとかサイドストーリーで色々補完していた気が
するんですけど、3辺りでそれがなくなってるんですよね。

舞HiMEシリーズでサクラ大戦風ゲーム・・・好きな組み合わせで
チャイルド合体発動でハァハァですか!

  • 2007/10/07 (Sun) 03:17
  • k_akiba
  • 編集

さりげなく命がひどいことをw

HiMEのビッグバンプロジェクト、そろそろ次が始動ですね。
「龍の巫女」は今月ドラマCDが発売、「0」が来年2月DVD発売(全3巻)。
なつきスキーな私は、なつきが出る龍の巫女に期待ですが、
小説で満足しかけてる自分がいたりして(CD買いますけどね)

「0」はどうなんでしょうね。
世界観は引き継いでるけど、時代的にスターシステム使い難いし。
出るのは新キャラメインでしょうから、別のモノとして考えてもいいのかも。
あ、マリアには期待してるんで、そのあたりが楽しみかもしれません。

もう一度、かっこいいなつきが見たいなぁ……。

  • 2007/10/07 (Sun) 17:11
  • chopper
  • 編集

今度出る舞乙HIME「0」はまたしてもOVAだそうで、、、
今回は詰め込み過ぎないようにするのかな~?
にしても乙HIMEシリーズばかりでは無く無印の舞HIME
の関係のアニメシリーズも出して欲しいんですがね~
アニメの最終回の続編とかで、静なつの新婚生活とか

>しかし今までは気づけて今回は気づかなかった原因は一体…
申し上げたように、まいたけお姉様のレスがあるかどうかで更新を確認してるんです、お気に入りの直リンで
最新の更新の場所に飛ぶようにしてますから

なつきと奈緒の共通点?ツンデレ×ツンデレ

  • 2007/10/07 (Sun) 17:49
  • 編集

胸の大きさはモンスターがいらっしゃいますしw
えーと…髪の分け方の比率?(ぉぃ
あとはツンツンのなり方も理由も似た感じがありますかね~…だから犬猿の仲なのでしょうけど(汗)
しかし両方共いただきまーs(殴

サクラは2までしかやってませんねぇ(汗)
でも紐育撃以外はだいたいキャラクター知ってるという(ぉ
さくらも嫌いじゃないんですが、すみれとマリアとグリシーヌ好きですね~
ラチェットは一応、劇場版見てるので声は知ってるんですが…「?」な感じがほとんどでしたね(苦笑)

合体攻撃いいですよね~♪
静なつの場合、デュランに清姫が絡み付いたようになって、カットインで本人も同じように静留がなつきに両方裸で(殴

PS:最近、乙Zweiの続きが置いてあるレンタルビデオ店見つけました~♪
ただし時間もお金もありませぬ…orz

  • 2007/10/08 (Mon) 01:02
  • 窮兵衛
  • 編集

 サクラ5買われたんですね~!! 自分もサクラ好きなんですよ。 SSの頃からやるくらい…。

 ほんとにジェミニは普通の子ですよね。ラチェットの声微妙な感じは同感どすえ。

 昴との合体攻撃は…百合の逆…の感じです。

  • 2007/10/08 (Mon) 16:04
  • 文月
  • 編集

どうも、夜一です。


やっぱり、奈緒なつの共通点争いはマイや命では解決しないな…こうなったら、静留さんに任せよう。

ナツキぐらいならどうにかなるもの。

  • 2007/10/08 (Mon) 21:36
  • 高澤夜一
  • 編集

まいたけお姉さまに名前を呼ばれたって嬉しくなんかないんだからっw!!!

サクラについては解りませんが・・今月のとは・・トラックで湖に突っ込む話ですか?
令裡がリザに抱きついてるのが、私的にGJでした☆(決め込んで勝手に話す人)

で★合体と言えば!!!執行合体に尽きますっww!!
シフルについては・・全三巻ということで多大な期待はしておりません・・(苦笑)
私的には・・総集編に新作カットが付くことを期待してますw(実際、どうなんだろ・・?)
あと、HiMEについては巫女より劇場版の方をアニメ化して欲しいと思いますね。

  • 2007/10/10 (Wed) 18:27
  • sato
  • 編集

凄い久しぶりに来てみましたら、無印のネタがアップされていて嬉しいです。似た者同士のなつきと奈緒ですが、最大の違いはやはり、静留さんという大きな存在に出会えたか否かでしょうね。

サクラ大戦は大好きでしたね。5はどうにも新キャラに馴染めなくて、買ったまま積みゲーになっていたりしますw
つーかラチェットが二週目からしか攻略できないって知ってガックリしてしまったんですがw
個人的にはやはりシリーズ全てを通しても、さくらが一番好きですね。サクラ大戦人気が全盛の頃はあまり賛同してくれる人がいなかったんだけれど、ヤキモチ焼きなヒロインが大好きなものでw

  • 2007/10/11 (Thu) 00:52
  • 『鳳龍』
  • 編集

仕事のスケジュールを考えるだけで胃が痛くなる。
こんばんは管理人です。

>k_akibaさん
やはり自分が好きな相手が自分を母と思われていたら微妙なんでしょうねー頭を抱える大問題です。
サクラ大戦のシステムは舞-HiMEにそのまま使えそうですよね。想い人と爆笑合体攻撃。想いの強さは力となるシステムで戦闘力増減、うーんやってみたい。

>chopperさん
同じく小説を読んでるんでドラマCDはどうしようかなーと考えている間にもう発売してるんですね…ど、どうしよう。舞-HiMEシリーズはそろそろ打ち止めの気配が…もう一回仕切りなおして欲しいんですが…うーん。

>猫さん
ああなるほど。ハブやっている時は自分はレスをお休みしてましたからね。
シフルのほうはとりあえず評判聞いてからレンタルですかね自分は…。舞乙の世界観が凄い好き!とかじゃないんでちょっと辛いかなぁ。新シリーズプリーズ。

>窮兵衛さん
やはり静なつの合体攻撃は障子の向こうでピー。も是非!(殴
すみれ、マリア、グリシーヌ…好みがはっきりと分かりますね~。ラチェットは声だけ!声だけが問題なのです…orz

>文月さん
自分も初期からやっているんですが、1は友達にテスト前に貸されて順位を50番近く落とした魔のゲーム。
昴は結局男か女か分からなかったんですが…えっと…ええ??

>高澤夜一さん
静留さんだとなつきマニア(オイ)な訳ですから
あらゆる違いを指摘されそうですねー(笑

>satoさん
ちゃんとツンデレやってるーッ!?
総集編はOVAをすでに買っている身としてはちょっと
手が出ないんですよね…。レンタルしないのかなーorz
劇場版は見てみたいですね。1クールとかでもいいから是非やって頂きたい。

>『鳳龍』さん
自分もさくらのやきもち焼きな所がツボだったんですが
2になると大人になったのかヤキモチ度が下がっていて
ちょっとしょんぼりした覚えがあります。
ラチェットの為だけに二週目をやりましたが
色々細かい所が変わっていて笑いました。三週目は…無理かなぁ…。

  • 2007/10/13 (Sat) 09:01
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ