百合物件紹介「荊の城」



「We love kagame」 かがみ総受け説

7/7は柊姉妹の誕生日だそうで、特に何かしようとは思ってなかったんですが、誕生日に昼ドラ4コマ飾っとくのはどうよ?と思ったので以前言ってた久しぶりの百合物件紹介でも。前回はエロ百合同人ゲームでしたが、今回は初めての一般小説です。

荊の城 上 (創元推理文庫)
荊の城 上 (創元推理文庫)
百合小説としては、かなり有名らしい(普段読まないから分からない)ので知っている方は知っているかもしれませんね。

簡単に説明するとロンドンの下町に住んでる泥棒家業の女主人公が知り合いの男が持ちかけた、とある城に住む莫大な遺産金を持つ貴婦人の娘を男が口説き、大金を手に入れる計画を手伝うため、その貴婦人の侍女として忍び込むって話です。

まあ百合小説ですから、その主人公(女)「スゥ」が貴婦人「モード」に惹かれて計画と百合(違)の狭間で葛藤する訳ですが。
普段一般小説はほとんど読まない自分が一気読みした危険な惹きの強い作品でした。以下ネタバレほぼ無しの簡易感想。

・先の読めない展開。
・三幕に分かれていて各幕ごとに視点が変わって進む。だるい部分もありあますが、引きが強いのでグイグイ読める。上下巻。
・前半は「主人公が惹かれる女性が目の前で男にアプローチされる」というシチュが好きな方は悶絶ものです。
・第一幕はネタバレ無しで最後まで読んで欲しいですね。
・解決のくだりがそれまでの盛り上がりに比べると随分あっさりしていて残念でした。
・最も素晴らしいのがラスト。数ある百合系作品の中でもトップクラスではなかろうか。
・今まで読み手にストレスをかけてかけて見事にラストで救い上げた感じ。
・…まああの後、どんなプレイを始める気かとツッコミもできますが。
・エマの森先生あたりに漫画描いていただきたい(オイ
・モードのキャラが面白い、がモード視点は読むの疲れる。逆にスゥ視点は何故か安心する。
・本編中叫んだ自分が思わず台詞「ちょっおまッ!」×1 「ぎゃああああああ」×2 「百合最高ォォォォ!」×4

※海外小説の為、日本人じゃないので苦手な方は注意。精神病院等、結構エグイ描写あり。リアルに怖い。性描写あり。ガチ百合好きに捧ぐ。駄目モード最高。

上の注意が平気そうな方は時間がある時にでも是非。
「青い花」以降では初の胸張って「百合作品です」とオススメできる作品ですかね。

ちなみに同じ作者の「半身」も読みましたが、これは……えっと百合です。こっちも百合ですよ。でも、一度最後まで読んだらもう二度と読み返せない…orz
ラストの超展開は「荊の城」より上でした。

他、百合小説オススメありますよ!って方がいましたら是非情報お願いします。ちょっとは文字読まないと自分。

 

Comment

「刹那―そのとき彼女が願ったこと」というライトノベルオススメです
泣けます
シリーズものですがこれだけで読めます

  • 2008/07/06 (Sun) 22:28
  • abc
  • 編集

中山可穂の小説をおすすめします。
でもビアンものなので、苦手な人
は駄目かも。

  • 2008/07/06 (Sun) 23:31
  • 編集

うんうん♪かがみは自分が思っている以上に皆に愛されていますからね♪総受けです♪ハーレムDAZE☆

  • 2008/07/07 (Mon) 09:58
  • 編集

今回紹介してもらった小説ですが、あたしの記憶違いで無ければ映画化されているはずです。
もしかすると海外ドラマかもしれませんが、内容が内容なので映画だと思いますが・・・。

  • 2008/07/07 (Mon) 13:08
  • 八坂
  • 編集

中山可穂さんの「白い薔薇の淵まで」はガチ百合小説ですよw

  • 2008/07/07 (Mon) 14:33
  • 編集

荊の城のDVD出てますよ
元はイギリスのTVドラマですが約3時間くらいなので
映画みたいなものだと思います
これも面白いですよね

  • 2008/07/07 (Mon) 15:06
  • abc
  • 編集

どマイナーな作品ですが…
短編ホラー小説アンソロの異形コレクション第32巻「魔地図」に載ってる『わたしのまちのかわいいねこすぽっと』は女子高百合ラノベです。
涙腺ゆるい人は御注意。ラストシーン、ボロ泣きモノです。

  • 2008/07/07 (Mon) 23:54
  • 編集

うーん、百合小説はそんなに詳しくないのですが、今期放送のアニメでしたら、「ひだまりスケッチ×365」がお勧めですかね。「アンタら夫婦だろ」と突っ込みたくなる百合ップルがおりますw 昨年放送の第一期の「ひだまりスケッチ」も、レンタルしてご覧になることをお勧めいたします

  • 2008/07/07 (Mon) 23:56
  • 『鳳龍』
  • 編集

自分も「白い薔薇の淵まで」はお勧めします
が、結構ヘヴィな話なので、万全を期すならば
同じ中山可穂の、似た設定で、若干ライトな路線の「深爪」から入るのが無難かも…
逆に「白い~」を先に読むと「深爪」はどうしても下位互換というイメージになってしまいます
百合度は薄まりますが、この人の短編集「弱法師」はお勧めです。収録されている3本はどれも素晴らしい
逆に「花伽藍」は地雷が含まれているので注意。一本目の「鶴」はお勧めだけど…

あと、森奈津子のSF百合短編集「西条秀樹のおかげです」の表題作は、読んどいたほうがいいです
ある意味、映像化不可能

  • 2008/07/08 (Tue) 01:26
  • 李$
  • 編集

知っているかもしれませんが、百合物件がいろいろ載っています。
ttp://www.smallcall.net/yuri/index.htm

  • 2008/07/08 (Tue) 09:09
  • やみ子
  • 編集

図書館にあったので予約してしまいました。
コメントの情報も参考にさせていただきます。皆さま、ありがとうございます。

  • 2008/07/08 (Tue) 11:16
  • ibook
  • 編集

仁川高丸(女性ですよ)の微熱狼少女がオススメです。百合だし面白いです。軽い雰囲気の作品で一気に読めます。
中山可穂だったら断然、猫背の王子が好きですけど、もろ百合ではないかも。続編の方が百合度は高いですかね。
他の方同様、白い薔薇の淵までも面白いです。彼女の最近の作品は、私は連続しては読めません。食傷気味になるので(笑)

  • 2008/07/09 (Wed) 16:59
  • kaisi
  • 編集

皆さんが書かれているように、中山可穂氏の本は基本的に百合です。
百合というジャンルにとどめていいのかは疑問ですが。

私からのお勧めは、江國香織氏の「いつか記憶からこぼれおちるとしても」。
こちらは「百合」ではないんですが、短編6本すべてが女子高生の話です。
残酷だったり切なかったりいろいろですが、読みようによっちゃ百合と捕らえられる話もあります。

また、同氏の「号泣する準備はできていた」内の「熱帯夜」は完全に百合です。
短編ですが、女性同士の恋愛の話です。

  • 2008/07/10 (Thu) 15:25
  • chopper
  • 編集

ごきげんよう、まいたけお姉様
私は王道中の王道をお勧めさせていただきます

「マ リ ア 様 が み て る」
お嬢様学校で繰り広げられるスール達の葛藤と成長の物語です
百合描写はあくまでライトできつい描写が苦手な人も大丈夫です
ただ、一部本格派が紛れ込んでいますのでご注意ください
巻数も多いので、一度に読むのは大変ですが、差し当たりは「レイニーブルー」までがお勧めです
理由は学園ものなので卒業していく人もいまして、この巻以降は世代交代していき、趣が変わってくるからです
「レイニーブルー」まで一気に読んで、残りは実際に刊行された期間を空けて一冊ずつ読んでいくのが最高に楽しめると思います

では、ごきげんよう・・・ごめんなさい
猫耳蓉子様が好きだ~~~~~~~~~

  • 2008/07/10 (Thu) 19:44
  • あき
  • 編集

たくさんの本のご紹介ありがとうございます!
うおおっ読むぞ読むぞ読みますよ!

>abcさん
ありがとうございます。ファミ通文庫ですか。チェックしてきます!荊の城はドラマで3時間ですか。確かに映画みたいなモノですねー。実写化済みなら漫画化も―…む、無理かなー

>-さん
自分は問題無さそうですかね。何やら多くの方が中山可穂さん勧めてくれたので買ってきます。

>-さん
かがみならみゆきさんさえ落せば上の図はさほど難しくないかと思うんですよ(w
C組の方はすでに攻略済み(違)ですし

>八坂さん
あー今調べましたが、確かに映像化されていますね。情報ありがとうございます。ただ脳内の人物像を壊したく無いんで、ちょっと見送りですかね~

>-さん
ガチ百合は大好物です!ちょっと本屋行ってきます。

>-さん
マイナー歓迎ですよ。マイナーなものこそ、見つけるの困難ですからね~。涙腺は弱かったり反応しなかったり故障気味ですが探してきますー。

>『鳳龍』さん
ひだまりスケッチ第二期やるんですねー。最近シリーズが続くの多いですね~。未だに頭の中でスケッチブックとたまに混ざるのが困ります(オイ
いや、だってジャンル的に入ってる棚は同じだと思うんですy(殴

>李$さん
おおっ詳しい情報ありがとうございます。
んー短編→深爪→白いの順で読んでみますかね。
やはりメインは最後にとっておきたいですし。
森奈津子先生の作品もかなりいいそうで。こっちも探してきます。

>やみ子さん
いや、ここは知りませんでした。情報感謝。お気に入りに入れときました!

>ibookさん
いや、自分も皆様に感謝です!図書館と本屋併用して読まさせて頂きます。

>kaisiさん
中山可穂さんのは凄い人気なんですね。これは全部読んでおかないといけないかもしれません。微熱狼少女…なるほど、メモメモ…探して買ってきます!

>chopperさん
ありがとうございます。江國香織さん…本屋でよく見る作家さんですね!とりあえずご紹介頂いた二冊チェックしてきます。中山可穂さんのは百合以前に作品としてレベルが高いようで。ますます読んでおかねば…

>あきさん
百合好きにとっては絶対通らねばならぬ道ですね!これは自分も胸を張って勧めましょう!そしてレイニー→パラソルの間は一ヶ月以上読むのを我慢するのが乙女のしきたり!
一部本格派は笑いました。
…自分の知り合いもいきなりアニメで本格派見せられたとかでドン引きしてたな…orz
あれは最初に見ちゃいけない。


とまあ今回はいつもどおり返信しましたが、小説情報は随時募集中です。ここで紹介された作品の面白かったYO!って報告や情報交換ありましたら、適当に使ってやって下さい。
ではでは~

  • 2008/07/11 (Fri) 21:21
  • 管理人
  • 編集
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/12/07 (Tue) 12:34
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ