ハトプリ映画見てきた


ようやく見て来れたので映画の感想でも
ネタバレ防止の為、更新漫画、感想共に続きを読むで。

ちゃんと映画の受付のお姉さんに「大人一枚、あっ割引券もお願いします」って言えました。

※オリヴィエといつきの地下鉄デート中のつぼえり妄想。
hcp22.jpg

hcp23.jpg

hcp24.jpg
柄でも無い漫画を勢いで描いた。特に反省はしてません。
映画のえりかは小動物めいた愛嬌が少なくなり、サバサバした大人っぽい感じだったので、つぼみは、お姫様でいいと思います。

そんな訳で行って来ました。内容は女児向けというより女の子向けっぽかったですね。テーマは親子愛。前評判でチラっと戦闘が少ないと聞いて少し不安だったんですが、戦闘がブロッサム単独、ブロサンマリ、ムーンライト単独、ラストバトルと別れていて、それぞれ見所があり質も高いので、個人的には十分に思えました。

まともに書くとえらい事になるので去年と同じ箇条書きで。
ちなみに自分はマリン好きで百合好き(主につぼえり)なので、そちらに偏った内容になります。普通の感想は他で見てくだs(殴

・暴走モードのつぼみ。というか映画中ずっと暴走モード
・えりかは何故つぼみを怖がらせて、くっつきたがるのか。
・OPの入り方のワクワク感が凄い。というか色々凝りすぎ
・つぼみ迷子でオリヴィエと遭遇。つぼみはヒーローではなく完全にヒロインですね
・小さい子にお姫さま抱っこされるつぼみは絵になります。いつも隣にいる小さい子にもしてもらえばいい。
・えりか迷子になったつぼみにグチグチ悪態。が空飛ぶつぼみとオリヴィエ発見→追跡時の表情の差が笑える。

・つぼみ単独戦闘開始。テレビ試練回後のネオブロッサムなのか映画効果なのか分かりませんが、頼もしい!凄く頼もしいぞ!
・吹っ飛ばされ空飛ぶブロッサムを見て貴重なマリンとサンシャイン二人変身で興奮最高潮
・ブロッサムはやっぱりブロッサムで安心した。サンシャインに対し涙目可愛い
・マリン無双。マリン好きはこれだけでも映画で見る価値があるかと。アクションも台詞も細かい仕草も全てマリン
・オリヴィエテイクアウト。つぼみさんのハアハアしすぎです。エロいんでやめて下さい。
・えりか自己紹介。そのアングルエロいんでやめて下さい。
・オリヴィエ命名シーン。つぼみの笑い方えりかっぽい
・モデル歩き講座。つぼみが完全にオリヴィエのお母さんモードに突入。空回り可愛い。オリヴィエお母さんと同じ所でミス。くっ少し可愛いと思った。
・マリンとオリヴィエ二人会話。えりか好きには正直たまらない。メジャー肩にかけて完全に仕事モードのえりか。しっくりきすぎていて笑える。天職ですよ。
・やはりつぼみは子育てでえりかは外でバリバリ働くべきですね。あ、ただの妄想です

・いつきとオリヴィエ帰宅後、えりか製の服をまとい髪を下ろしたお母さんが超美人モードでお出迎え。
・これは卑怯。これは美人すぎる。えりか良くやった。
・オリヴィエの扱いにお母さん本領発揮。えりかも感嘆の声
・ゆりさんは何をやっても威圧感があるのは気のせいだろうか。
・暗い部屋でつぼみとオリヴィエのハグシーン。えろい。映画のつぼみさんはマジ美人。
・朝のオリヴィエゆりさんの散歩。サラマンダーさん最も喧嘩を売ってはいけないプリキュアに喧嘩を売る。
・バカな!ムーンライトさんが遊ばれてる?しかし何だかんだで形勢逆転。熱いなぁムーンライト。
・ムーンライトさん手刀で一発・・・なん・・だと!?
・つぼみまた一人で飛び出し、それをえりかが止める。
・うおおおおおおおおおおおおおおおおっえりかの両手に挟まれ泣くつぼみ。レア。これはレアだ。角度的にもレアだ!
・つぼえり帰宅シーン後ろで泣くつぼみに無言で前を歩くえりか
・こういうシーンいいですよねー 無駄に語らない。いいですよねーテレビでも、たまにありますが行間読めるのが良い。
・えりかのつぼみハグ。親友だなぁ。自分のいかがわしい脳が浄化される

・壮大な親子喧嘩勃発。狼化したオリヴィエにブロマリ、サラマンダーにサンムーン。サラマンダー完全に負け戦だろこれ。
・マリン初っぱなから攻撃くらってどーん。横のブロッサム突然の出来事に呆然。
・オリヴィエと戦うマリンに中立のブロッサム
・あかんブロッサムさん抵抗しないとマジやられる。
・マリン攻撃せずに押さえ込むことは無理だっつーの!とつい必殺技どーんって感じが良かったです。
・マリンの必殺技がブロッサム直撃。かなりサッパリやりましたが、その気になれば、ここはもっと盛り上げられましたね。雪空になりかねませんが

・サラマンダードラゴン化。ブロッサムさんの髪結いシーン。これはレア。
・お待ちかねのミラージュタイム。テレビで予習しておいてよかった!でかい女の初見が映画館だったら色々やばかった。
・コッペ様めっちゃライト振ってる。
・逆光のなか空から降り立つ四人。マリンの笑顔が天使すぎる。
・いや、だからマリンの笑顔は殺人兵器だからやめーマリンファンは映画館でこの笑顔を見るべき。
・トドメにブロッサムさんの決め絵カット。いかんこっちは女神だった。
・EDではファッションショー。学園祭でもお馴染みのつぼえりコンビでポーズ。和む。
・でも一番EDでインパクトがあったのはサンシャインのひまわりUFO

・DX3 ・・・やるのか。2で人数的な限界を感じましたが、どうなる!?


結局箇条書きでも長くなりました…。
かなり出来が良かったので、公開終了前にもう一回行きたいです。
なんというか、見ればつぼみが好きになる!つぼみ120%な映画でした。

 

Comment

あれ?コミケ出んの結構久しぶりじゃないっすか?
また舞-HiMEも描いてくだせぇ。特になつき嬢。

  • 2010/11/11 (Thu) 22:21
  • デュ○ン
  • 編集

えりつぼ漫画、とても美味しくいただきました。
いつも漫画を書いて下さりありがとうございます。


私も幼稚園児の姪っ子を連れて映画見て来ました。
日曜日に行ったので、来ていたのは子連ればかりでした。

映画で気になったのはライトを振るところ。
振るタイミングがわかり辛く、姪っ子や他の子供達が戸惑っていました。
DX2の時に、姪っ子や他の子供達が一生懸命振っているのを見ているので今回のは残念でした。

話もいい話ですが、女児、女の子向けでもないと思いました。
実際、テーマが親子愛の時点で大人向けになってますし。
連れて行った姪っ子(6歳)は「分からないところがあった」と言ってました。
つぼえりファンな私にはとても嬉しい映画でしたが。


DX3は・・・とりあえず今回の映画よりは女児向けになってくれるといいな。
本来のターゲットである女児が置いてけぼりは悲しいですから。

  • 2010/11/11 (Thu) 22:23
  • 竜姫
  • 編集

間が空いてしまい申し訳ありませんでした。
管理人です。

>デュ○ンさん
いやー本は作ってましたがコミケ自体の参加は初めてなんですよ。 恐ろしいですね。
思い返すと舞-HIME終わっちゃってから大分経ってしまいましたね。今でも、もちろん萌えたら描きますよ~。ただ申し訳ない事に完全に気分次第なので、期待せず構えといて下さい。

>竜姫さん
そういえば、映画はライトの説明もありませんでしたね。変に規則を作らず好きなところで応援して!ってスタンスに変わったんですかねー。
内容は子供には少し難しかったでしょうね。アクションも地味に小技が効いていて凄いっていうので子供に分かりやすい派手さはなかったかなと。
まあハトプリ自体が今までより大人向けな感じなので、らしいといえばらしいかなと。
しかし子供向けって本当に難しいですねー。うーん

  • 2010/11/27 (Sat) 02:00
  • 管理人
  • 編集

やばいやばいやばい…見たくなりました…まだ見てないのに!
つぼみがいっぱいですか?!それは見たい!

ムーンライトさんかっこよかったそうですね…ああ…どうしよう…早く見に行かないと…orz

  • 2010/12/01 (Wed) 23:37
  • yoa
  • 編集

>yoaさん
つぼみは終始暴走モードですが、実に良かったです。
ムーンライトさんも単独戦闘頑張ってましたよー
限界まで見るのを我慢する。中々高度なプレイですね

  • 2010/12/09 (Thu) 01:40
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ