ネーム中

ブログの画像アップロード機能が何故か死んでいるので今回は文字だけで。

現在ネーム作業中です。
先週は打ち合わせやら、何やらでせかせか動いていました。
色々な編集さんとお話できるのは、とても勉強になります。

隙間の時間を使ってちょこちょこ書いていた夏コミ受かった時用のネームは
一冊分完成済みです。もう一冊分いけるか……?

ネームをしていると最近パズルをやっている気分になります。予定のページ数の枠内で
最初に柱となる角のピースだけ決め、次に必要なピースを集めて、いらないピースを弾いて
ひたすら最適化をしていく。

でもこのやり方だと以前、先人に聞いたキャラが勝手に動くという境地には辿り着けない気が。
こればかりは試行錯誤をしながら経験を積むしかないのか。

ちなみに自分は24P以上の枠になると高確率でパズルが崩壊します(オイ
ピースの少ないパズルのほうが得意です。



 

Comment

>でもこのやり方だと以前、先人に聞いたキャラが勝手に動くという
>境地には辿り着けない気が。
連投失礼します。私の見方は逆で、まいたけさんのようなクリエイターが
増えているから最近の漫画・アニメは安心して楽しめていると思います。
当方漫画・アニメファンとしてはかなり古参ですけど、過去の作品には
巨匠の作品でもキャラクターが暴走して話が崩壊したり路線がずれて楽し
めなくなったものが複数あったと思います(批判が目的ではないので具体
名は出しませんけど)。「ナニ金」の故青木先生は「オチを決めずに描く
からや!」ときつく指摘されていましたけど^^;

オリジナルアニメビデオの草創期に財布のひもを緩めて、結果的に辛い
散財をする羽目になった側としては、現在の作家の方々のキャラクター
を大切にする制作姿勢は、とても頼もしくて安心・堪能させていただい
ております。アニメと漫画の素晴らしさは(個人的には)「キャラクタ
ーの魅力」に尽きると思っています。「まどか☆マギカ」はオリジナル
のアニメで現在出来うる最高のレベルに到達してくれた作品だとも考え
ています。

新作の掲載情報、御待ちしております。

  • 2014/04/15 (Tue) 23:39
  • K&K
  • 編集

こんにちは、お久しぶりです。新連載おめでとうございます!楽しみが増えました(^^)
記事の件、失礼承知ですが・・・センセの作品って基本的にギャグとコメディなので、構成作家や放送作家の書いた本とか参考になりそうな気がします。某密林を探すと結構ありますよ。お笑いとかバラエティ番組って、実はかなり緻密な構成でできてるんですよね。ヒトって、泣かせるより笑わせる方が難しいので、その難儀に挑戦するセンセは漫画家の鑑(適当)。

  • 2014/04/16 (Wed) 16:51
  • jolt/松平
  • 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/04/16 (Wed) 17:03
  • 編集

こんばんは、管理人です。
>K&Kさん
やはり物を作るのってもの凄く難しいんですよね。未熟な奴が書くと
オチを決めていても何故か着地点がズレるという超常現象が起こったりしますorz
キャラクターを魅力的に書ける人は強いですよね。まどマギに関しては、脚本と
キャラデザの練金が大成功した感じでしょうか。あとは関わっているスタッフさん
などの強力な底上げがあったと思います。デザイン、音楽、美術全部うまくハマりましたね。

> jolt/松平さん
ありがとうございます。頑張ります!構成作家さんや放送作家さんの本はよさそうですね。
映画のシナリオ本とかは持っているんですが、コメディ系とは若干
食い違っていたり…(役には立っていますが)。単発ならセンスやアイデアだけで
押し切れたりはしますが、コンスタントに書き続ける作家さん達は、理論的な
解釈を押さえていないと無理でしょうしね。これは密林でちょっと漁ってみます。
自分は一度でいいから漫画で人の感情を揺さぶって泣かせてみたいです(白目

> さん
絵に関しては百合よりの方は少女漫画タイプの絵が大半ですが自分はスタートが
少年漫画だった影響だと思います。記事で漫画の語りをすることは少なそうなので
ここに書き出しておきます。
・ペン先…Gペン(キャラ)日本字ペン(細めの髪の線や背景)丸ペン(効果線や背景)
・他にピグマのミリペン多用します。あとコピックのマルチライナーの0.03も。
・インク…墨汁「墨の華」(キャラ) 普通の漫画用品売場にある製図用インク(効果、背景)

少女漫画と少年漫画の絵の大きな違いはベタ(黒い塗りつぶし)の入れ方と割合だと思います。
細かい所だと線の太さ、強弱、目、トーン、効果線、ホワイトのバランス、画面構成とか
色々あると思うのですが、自分自身理解しきれていないので割愛します。

手っ取り早く実感、理解する方法は、好きなコミックのページを拡大コピーして商業用漫画原稿用紙サイズ(B4)に合わせ、、それを横において1P丸ごと模写してみることかなと。原稿用紙に下書き、ペン入れ、ベタ、仕上げまで。これをやると一発でわかります。別にキャラだけでも構いません。
林家先生とかですと、めっちゃ線が太くて整理されていて綺麗ですよ。

  • 2014/04/22 (Tue) 00:44
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ