【動画】リリカノ原稿とつけペンまとめ


今回から、冬コミ同人誌。リリカノの作業動画となります。
撮影の設定をミスっていて画質微妙です。

動画内で、つけペンについて触れたのでいい機会と思い、自分が使用しているつけペンを紹介します。自分が使用しているのは3種類。コミック用品が置いてある画材、文具店で手に入ります。

書いてあるのは、あくまでも「個人的な使用感」です。


ゼブラ Gペン
定番中の定番。ペン先が柔らかく、細い線から極太の線まで多彩な線が引ける。でも取扱難易度が高い。自分が使用しているのは普通のGペンよりお高い「ゼブラ チタンGペンプロ」です。違いは以前のエントリに書いてあります。コチラ。
キャラの主線に使用しています。

タチカワ 日本字ペン
マイナー?しなやかな線が引ける。引ける線の幅はGペンより狭い。変わった形をしていますが、癖がなく扱いやすい。Gペンと同じ軸で使用できます。
自分は髪、服の皺、細かいキャラ、背景などオールマイティに使用。

ゼブラ 丸ペン
定番。細い線が引ける。描く時のカリカリとした音が耳に心地よい。ペン先が固いので、抜きが作りやすく、集中線に使用してます。(というかアシ先が丸ペンで集中線を描く所だったので、そこで慣れた)あと背景。丸ペン対応のペン軸が必要です。


つけペンは消耗品です。線がイマイチになったら取り替えます。

自分はGペンは大体5~8Pくらいです。チタンGペンプロにしてからはもうちょっと枚数描けるようになりました。自分が気になったら変えればいいので、1pごとに変える人や漫画1本描いてしまう人もいるのではないでしょうか。


加えてつけペンは同じものでも個体差があり、当たりハズレがあります。ハズレを引いたらそのペン先は諦めてさっさと新しいものに付け替えます。当たりを引いたらラッキー。いつもより気持ちよく線を引けます。

使い始めは油(?)がのっていてインクをはじくので拭いたり水ですすいだりして拭き取ります。ライタ―で炙っていた時期もありましたが、劣化すると言われた事があり、それ以来炙ってません。あとまあ、単純に紙の傍で火を扱うのも危ない。

また、インクのつけっぱなしで長時間置いておくのはアレですので、こまめに水ですすいで水気をふきとってあげましょう。

個人的につけペンで躓きがちなのは、定番のGペンが初心者用で扱いやすいと思いきや、実は難易度高いのが原因ではないかと。自分の事ですコノヤロウ。不器用なめんな。

でも使いこなせれば、凄いペン先だと思います。自分はまだ使いこなせません。頑張ります。



あと夏コミの申込みもしておきました。受かるといいですね。
キャプチャ





 

Comment

つけペンは消耗品!?知りませんでした...
画材屋でペン先が袋に10個ぐらい入ってたのもそういうことだったんですね
この前ペンを水につけたまま放置してしまって、丸ペンは先がボロボロになって欠けたから買い換えたのですが、付け根がボロボロになってるGペンの方も先を交換した方がいいですかね

  • 2017/02/22 (Wed) 19:59
  • 編集

作業風景、視聴させて頂きました。まいたけさんは小さいカットのキャラはミリペンで仕上げるのですね。自分は小さいカットほど筆圧で力が入ってしまうので付けペンでないと厳しいです。しかしよどみのないペンのすべり具合に感動です。あと、キャラの衣装など完全に頭に入っているのですね、まどほむ愛を感じました。日本字ぺんは使いやすいですね。私も結構使います。周囲がどんどんデジタルに移行する中、動画、大変勉強になりました。夏の新作を期待してます。ご無理をせずに頑張って下さい。

  • 2017/02/25 (Sat) 00:58
  • みやび
  • 編集

こんばんは、管理人です。
>ゐさん
自分で線の状態が把握できない時期は、大抵ペン先を酷使しすぎていると
思うのでGペンも変えてしまったほうがいいかと思います。ペン先は10本入りの
上に100本売りもあったりします。消耗品と割り切っちゃった方がいいですよ~

>みやびさん
ご視聴頂きましてありがとうございます。小さいカットは逆につけペンで書けるのが
羨ましいです。キャラの衣装はアレですよーははっかなり数は描いてますしねー
机の周りにキャラの設定資料集のコピー貼りまくっていちいち服のパーツ確認しながら
カイテナンカナイデスヨーフィギュアくるくる回して確認ナンテシテナイデスヨー
日本字ペンはとても使いやすいですよね。夏に無事本を出せるよう頑張ります。

  • 2017/02/27 (Mon) 23:56
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ