マキマキについて考える

170423_221908 - コピー
マキさんの声やっぱり可愛いな畜生。調声上手い人のマキさんは、とんでもなく可愛いのは理解していましたが、ベタ打ちでも特徴あって可愛い。

随分昔に初めて二人の声を聞いた時は、マキさんの声は耳に刺さる印象だったんですが、単純に耳が慣れたのかEXで変わったのか。癖になる声。ゆかりさんは第一印象から機械音声なのに耳馴染みがよくて驚いた。読み上げだと、やはり落ち着くのはゆかりさんですね。

そして自分の百合パターンだと最終的に一番好きになるのはマキさん。ゆかりさん好きから入ってゆかマキ描いていく内にゆかりさんの気持ちとシンクロして相手のマキさんを一番好きになる。何度も繰り返してきたこのパターン。

それを超えると、そんな好きな二人を囲む周りのキャラも愛しくなってきて、全部丸ごと好きになる。しかしここまで行くには相当の描き込みが必要になる。


ただ、ゆかりさんは設定が無いから結構好きに描いてもいいですがマキさん描くにはJamバンド関連を調べないとなぁ。ネットで軽く調べていましたがドキドキjamバンド通信目当てに国立国会図書館行かないと駄目だろうか。

マキさんが、カレーに思い入れありそうとか見ないとわかりませんよ。得意料理オムライスとか、どこにそんな資料転がっているというんだ。分散しすぎてわけわからん。どこまで公式なのか…。自分の目で確かめたいところです。


お母さん仕込みのマキさんのカレーライスを、おかわりするゆかりさん下さい。


知らない人が大半だろうし、別に使わないくてもいいネタでしょうけど、設定があるならバックグラウンドの補強になるし知っておきたい。そしてチラリと出すことでこいつわかってるな感が増し、他の適当な場所を見逃して頂ける。HATTARI。

二次創作では結構大事なポイントですよね。…自分の場合、盛大な間違いをよくしますが。ボイロは創作上、自由の範囲が広いですが知識としては公式設定を抑えておきたい。

公式と言えばWEB小説で、マキさんがマリーさんに「手をつないで歩けば、はぐれる心配もないよね」と手を繋いだりしていますが、きっと色々な女に同じことしてるんだぜ。
もちろんゆかりさん相手にもしてるんだぜ。後輩相手に人気ある設定持ちは伊達じゃない。ゆかりさんも事務所的(発売日的)には1年後輩だし、弦巻先輩素敵フィールドの効果範囲内だぜ。

でも当たり前ですが、Jamバンド系にゆかりさんが登場することは無いし、ゆかりさんの公式のイラストを担当している先生が描いたゆかりさんイラストは黒のブレザー。マキさんとは制服違う(これも当たり前ですが)。別々の学校に通うゆかマキも良い。幼馴染設定や学生時代からの付き合いもいいですが、最近は事務所で先輩後輩として初めて会ったゆかマキに夢を見ている。


マキさんのお母さん関係を知らなくて地雷踏んじゃう、ゆかりさん下さい。


あっでも通う学校が違うのにお互い一目惚れしてラブコメ開始してしまう、二人もいいですね。これを端的にいいますと、違う制服を着てねっとり絡み合うゆかマキに異常に興奮します。


最近、妄想放出しているからブログの文章長いですね。一年後に見返すとたぶん最近のブログは黒歴史だろうな。これが百合漫画を描いているやつの脳内です。


 

Comment

こんばんは、ひいらぎです。

マキマキの声、癖になりますよね。
なかなか思うように喋ってもらうのは大変なんですけど、
じっくりと調声してあげると可愛く喋ってくれるのでマキマキはツンデレさん。
対するゆかりさんは最初からごく自然に喋ってくれるので素直な娘ですね。

マキマキ、というよりjamバンドの資料は本当に散逸してしまっていて…
jamバンド通信はjamバンドの日常を垣間見ることができるんですけど、
ところどころに重い設定が見え隠れして読む人の心を抉ってきます…
なんですかクリスマス回の自己紹介で唐突に
マキ「お母さんが生きていたころは一緒にケーキを作っていました」って!(血涙)

弦巻先輩は絶対その明るさとかで(本人は無自覚のうちに)女の子を落としてる。
そんな弦巻先輩と出会って初々しくラブコメしていくゆかりさん…
会えるのは事務所でのわずかな時間だけ。先輩の周りにはファン含めてたくさんの女の子…
これはゆかりさんの独占欲のスイッチが入っちゃう!

そんな脳内を垣間見ることができて、一ファンとしては楽しい限りです、はい

  • 2017/05/01 (Mon) 01:18
  • ひいらぎ
  • 編集

こんばんは管理人です。
>ひいらぎさん
マキマキの声はハマるとヤバイですね。使いこなすには愛と経験が必要そうですが。
Jamバンド関連は調べたら本当に厄介そうで把握するのが大変そうだなーと
思いました。マキさんやはり家庭的なんですね。母親と一緒にケーキ作りなんて
暖かい家庭すぎる。でもカレー関係で素敵なお嫁さんになる事を夢見ていた女の子が
同性の女の子にドハマリしてしまうとか興奮しか無い。

競争率高そうですよねマキマキ。もちろんゆかりさんもモテるんでしょうけど。
マキマキの場合、優しくて愛想が良くて変に気を持たせてしまいそうというか。
曖昧な対応をするマキさんにイライラしてちょっと当たりを強くしてしまい、軽くへこむ
ゆかりさん。でもマキさんちょっと優しくされるとキュンっとしてしまうんですね。

チョロいな!ラブコメゆかりさん。

  • 2017/05/02 (Tue) 03:27
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ