恋の歌+【動画】「リリカノ」原稿作業風景3

結月ゆかりの恋の歌
たまに需要無視して柄でもない綺麗な漫画を描きたくなるんですよね。しかし精神、間接的な描写すぎて自分のゆかマキ分が枯渇し大ダメージ。


肉体的、粘膜的にイチャイチャするゆかマキ下さい。


「弦巻マキの音は結月ゆかりのモノにはならない」に続き、ゆかりさんのキャラ堀り用漫画です。マキさんの音が大好きなゆかりさん。でも悪いな君が好きになった弦巻マキのギターは初音ミクに捧げられるんだ。


そのかわり、あの大きいおっぱいは君のものだ。


しかし、ゆかりさんは努力家なイメージがあるので、きっと自分の力でマキさんの音も全部まとめて手に入れる日がくるでしょう。

前々から、ゆかりさんを描くならIAさんにも、触れておきたいなと思っていたので今回描けて良かったです。あとはマキさんを神様と崇め奉る黒髪で小さいギターの子にも、いつか触れてみたい。

マキさんのキャラ堀りもしたいのですが、マキさんを描く上で避けられないのが「お母さん」ですし、人の生死が絡むので気軽に描けない問題。しかし強く健全な精神を持っていそうなマキさんが母親の死という明確なトラウマを持ちというのは非常に魅力的ですね。


今回は総ページ数10P。原稿用紙だと9枚分だったのですが、これはストーリー漫画の初心者用。最小構成枚数の8P漫画に挑んでページ調整で敗北した成れの果てです。

漫画って必要なこと以外を削って、無駄ゴマを無くして、その上で詰め込みすぎないように読みやすく構成して、規定のページ数に収める最適化作業があるのですが、調整しきれませんでした。大体マキマキせい。

8P漫画はテーマだけ決めて、構成は状況設定と見せ場とオチで何とかなるので漫画の練習にお勧めです。取捨選択の勉強になります。

勉強に徹するならページ数は守りましょう!



加えて遅くなりましたが原稿作業動画アップしました。
今回は杏子とさやかのページ。
キャラのペン入れと背景作業です。杏子が苦手というのは作画面のお話です。
というか得意なキャラのほうが少ない(オイ

そろそろ夏コミの当落結果がでるかな。

 

Comment

おはようございます、ひいらぎです。

濃厚ゆかマキももちろん好きですが、綺麗なゆかマキも大好物です。よって需要はここにあります。
と、いうわけで「結月ゆかりの恋の歌」拝見しました。
なるほど、ゆかりん呼びが多く、とはいあちゃん登場の伏線でしたか。

一目惚れならぬ「一音惚れ」ですね、これは。
ゆかりさんの心を鷲掴みにしたそんなギターの音の表現がとても素敵で、
読んでいるこちらの心にも響いてくるようでした。
たとえマキさんの音がミクさんのためのものでも、家では二人で弾き語りデュエットとかしてたら
いいなって。それにマキさんの声と身体はゆかりさんのものですしね!

スマホのホーム画面を、イチャイチャ全開にしているわりに、いあちゃんに言われて
頬を染めて恥じらっているゆかりさんというのが新鮮で可愛かったです。
その反面、いあちゃんのお相手チェックやらマキさんへのおさわり厳禁など
厳しい一面もあるんですね結月さん。

オチ担当になったおっぱいの大きいギターの人ですが、自分の中では、
マキさんはもうお母さんの死を思い出として克服しているイメージですね。
それでもその境地に辿りつくまでにはたくさんの葛藤があったでしょうし、
ゆかりさんとの出会いの時期によってはゆかマキ的にも大きな出来事に
なるのは間違いないわけで。やはり重いネタになりますね。

そして夏コミ当選おめでとうございます!
都合がついて参加できれば、本を買うのに合わせてご挨拶にも伺わせていただこうと思っています。
まどか本の方も楽しみにさせていただいていますので!

  • 2017/06/12 (Mon) 05:08
  • ひいらぎ
  • 編集

P.S.
結月ゆかり欠乏症の方も拝見しました!
衝撃(笑撃?)の第三段階。かわいいんですけどね。
そこはかとなくイケナイ雰囲気が漂う治療方法…
そして治ったとたんに逆転されるゆかりさん。がんばれ。
涙目で声を我慢するゆかりさんが可愛いです。
ゆかりさんは恥ずかしがりで声を堪えようとするタイプだと思う。
マキさんはそれを知った上で、言葉で煽っていくタイプだと思う。
肉体的、粘膜的なゆかマキご馳走様でした!

  • 2017/06/12 (Mon) 17:15
  • ひいらぎ
  • 編集

おはようございます。管理人です。
>ひいらぎさん
見て頂きまして、ありがとうございます。普段コメディ色の強いものばかりを描いて
いるので、ストーリー寄りのものを描くと心と手の震えが。
マキさんの音に惚れ込んだゆかりさんの姿が伝わったならとても嬉しいです。

漫画で音楽の表現って難しいんですよね。音楽漫画描いている方は凄いと思います。
しかし、あれなんですよね。音楽とエロってとても相性がいいんですよね。
ゆかマキとしては絶対に外せない(オイ
家で二人だけの弾き語りデュエットいいですね。とても穏やかで心が洗われる。

マキさんの母親関連は彫り込みのしがいがあるのですが、おっしゃる通り正面から描くと
重くなってしまうんですよね。もう自分の心の整理はついて落ち着いているけど
何かのきっかけで吹き出してしまうとかいいですね。
ゆかりさんはそれに気がついて抱きしめてあげるといい。あと結月さんは抑えては
いるけど性根は束縛の強いタイプだって信じてる。

>ゆかりさんは恥ずかしがりで声を堪えようとするタイプだと思う。
>マキさんはそれを知った上で、言葉で煽っていくタイプだと思う。
…とてもよくわかります。その光景が目に浮かぶようですね。
正直ラストのコマを描いている時より一つ前の治療行為を描いている方が
背徳感がすごかったです。

夏コミは無事受かりましたね。新刊をきちんと用意できるよう頑張ります。
どうぞ、よろしくお願い致します。

  • 2017/06/13 (Tue) 06:10
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ