資料探しに国立国会図書館に行ってみた

今回ブログでは国立国会図書館での本の閲覧方法。複写のやり方など書き残しておきます。(2018年10月現在の手順です)

kktn-01.jpg
漫画の資料探しに初めて国立国会図書館(東京本館)に行ってきました。図書館の予備知識はほぼ無し。

漫画で資料は大事です。話を作るにも絵を描くにも資料は必要。
すべて脳内フォルダに入っていて描き出せる人やイメージや空想から描きおこしできる人には憧れるけど、自分はそうではないので資料はやっぱり大事。

自分の目的は…えーと。某キャラクターの設定を知りたかったので昔のゲーム雑誌を掘り起こしに行きました。その存在を知らせてくれたのは偉大な先人の方々です。ゲーム雑誌も漫画も読める。何でも置いてある。それが国立国会図書館。



国立国会図書館の場所
東京都 千代田区永田町。アクセス方法はこちら。

自分は有楽町線を使用したので最寄りの永田町駅から徒歩5分程度。出口を間違わなければ迷うことはないかと。


kktn-02.jpg

お隣に国会議事堂が見えます。写真を撮っておけば漫画の背景で議事堂を描くことになっても怖くないな。
ご一緒してくれた友達との会話で3D素材は特徴的な建物が多いから、気を抜いてビル素材を使っていると都庁が乱立していたりするという話は笑いました。場面転換で場所移動しても都庁があったりするんですよね。わかります。



利用者登録
必要なもの 身分証明書 

初めて利用する場合は図書館に登録が必要です。登録場所は国立国会図書館の新館。案内札が出ています。
前日にWebで調べたら土日で混んでいたりすると1時間かかったりするとあり、構えていきましたが平日昼だったので10分待ちという札が出ていて。ホッと一息。

案内通りに登録用紙に記入。身分証明書と共に提出し札をもらいカードができるまで待機。呼び出し後、登録利用者カードを受け取ります。この時にパスワードが記載された用紙ももらえます。パスワードは後々、任意で変更可能。図書館ではこのカードを使用して全ての事を行います。

利用者登録なしでも当日利用カードを申請すれば制限はつきますが入館できるようです。

入館手続きなど詳しいことはこちら。



kktn-03.jpg

入館
B5サイズ以上の鞄は持ち込み不可
ロッカーに荷物を預けます。荷物の持ち込み用に透明なビニール袋が用意されいます。大きさはA4クリアファイルが入るくらい。
入り口にゲートが有り本を借りたままだと退館不可。


本の閲覧方法
入って驚いたのですが、図書館なのに本が無い。代わりにずらっと並んでいるPC。国立国会図書館では、本棚から本を探して借りて読むのではなく、PC端末で目的のものを探し、申し込んでカウンターでその本を受け取り館内で閲覧する。

なので本を探しにいくというより、目的の本に目星をつけてそれを閲覧しにいく感じでしょうか。個人に対して本の「貸出」はしていないようです。


PC端末の操作ですがカードリーダーに登録利用者カードをセットし、パスワードを入力。図書館用のソフトで目的の本を検索し閲覧を申し込む。

本がカウンターに届くのは申込みから20分前後。おそらく込み具合も影響するかと。一度に申し込める量は書籍は3冊。雑誌は10冊。カウンターに用意ができたら、PC端末に用意できたよってお知らせが表示。カードをカードリーダーから取るとログアウト。

借りた本は閲覧用のテーブルで読める。新しく借りたい場合は、返却してまた端末から申込みをする。


PC、キーボード操作なので、PCを使ったことがない人って大丈夫なのだろうかと疑問がよぎりますが、その分、機能面ではとても優れていて便利でした。館内での状況は全てカードによって一括管理されていて素晴らしい。


複写のやり方
国立国会図書館では本のコピーをしてくれます。もちろん制限がかかってコピー不可のものもあります。ページ数制限もあり。料金も発生します。

複写の申込みもPC端末から行います。端末のメニューから複写を選ぶと、「現在借りている本」の一覧が表示され、そこから「即日」か「後日」を選びます。

その後、画面でプリントアウトの指示が出るのでPC端末の近くに設置されているプリンターのカードリーダーに登録利用者カードを置くと、複写申込書がプリントアウトされます。

複写申込書に複写してほしい箇所を記入。ページや巻数など。複写方法の指定も可。
加えて本には、しおり(図書館で用意された紙切れ)を複写してほしいページの開始部分と終了部分に差し込みます。しおりは複写用紙をプリントアウトするプリンター付近や、複写コーナーに置いてあります。

「即日」複写はすぐに複写してくれます。ただし待ち時間が発生。混み具合により時間も変化。待ち時間は本の貸出中の状態。複写終了後、返却扱いになる。
「後日」郵送複写は郵送料など追加でかかる。カウンターで申し込みをした時点で返却扱い。郵送まで数日かかる。料金後払いのようです。


複写の手順をまとめると

本を借りる

PC端末+プリンターで複写申込書を印刷

複写申込書に記入

本にしおりを挟む

複写カウンターに用紙と本を提出

自分は「後日」を選択。最初に複写のやり方が理解できなくて手間取ったので上記にまとめておきました。

複写サービス説明ページはこちら。


kktn-04.jpg

まとめ
国立国会図書館と名前を聞くとかなり堅い雰囲気を想像していたのですが、そんなこともなく、とても居心地が良い場所でした。また館内に食堂やカフェも入っているので長時間過ごせます。カードによる管理が徹底されていて、とても便利でした。

開館時間も平日は9時半~19時(土曜は17時)までとわりと遅くまでやっていて良いですね。また見たい資料があったら行ってみたいと思います。

国立国会図書館HPはこちら。


 

Comment

お疲れ様です
フラフラ本棚眺めて本借りるとかじゃないんですね

  • 2018/10/19 (Fri) 17:14
  • 編集

> さん
図書館に本棚が並んでいないことに驚きました。
どこでも行ってみるものだなと。

  • 2018/10/24 (Wed) 22:08
  • 管理人
  • 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ