漫画の制作過程 ざっくり編

現在冬コミ用の原稿中(下書き)
ws2611.jpg

なので今回はざっくりとしたものですが、漫画の制作過程を書き出してみます。

あくまでも今現在の自分のやり方で、勉強中の身でもありますので今後も変わっていくと思います。個々の詳しい説明はまた機会があれば。
立ち上げ時期などはキャラ作りとか資料集めなど他諸々入ってきますが、それは今回は置いておきます。


  1. アイデア出し

  2. プロット

  3. ネーム

  4. 原稿



アイデア出し
漫画の根っこ。何を描きたいか、面白いなと思ったネタなど。これを膨らませて漫画にする。

机に向かう必要もないので日常的に思いついたものをその都度、メモしておくといいかと思います。自分は出かける時にポストイットを常に持ち歩いています。机にもセット。これに思いついたネタは全部書き込む。
A4用紙にポストイットをネタの種類ごとに分けて貼り付け、クリアファイルに保管しています。


プロット

アイデアを文章におこして、漫画の形式に収めます。

ネームを描かずにプロットをしっかり書き込んでそこから一気に原稿にいく人もいるらしい。自分は普通にプロットとネームやります。
短い話ならそのまま文字に起こしていっていましますが、ショート漫画や四コマなど以外の場合はプロットの前に構成を書き出します。

具体的にはテーマ(これはなんの話なのか)。起承転結的なもの。最低限押さえておきたいのは、起である発端。
ラストの落とし所、結末。山場をどこに持ってくるか。あと読者を意識した期待に応えるシーン。これをちゃんと文字にして残しておく。

描き始める前に必ず自分が何の話を描きたいのかということを理解しておく。これやっておかないとネームで迷子になる可能性が高いです。(やっていても迷子になる可能性はある)

自分はプロットの時点でざっくりとしたページ割りもしてしまいます。文章を1Pの分量ごとにわけて書き出します。この通りに収まることは稀なので余裕を持っておく。


プロットというか構成に関しては本当に色々なやり方があります。教本なども沢山ありますので、ご自身に合うやり方を見つけて下さい。


ネーム
プロットを参考に絵におこします。絵の書き込み具合は人それぞれ。そのまま下書きに流用できるレベルの人から棒人間まで。文字はきちんと読めるように書いておかないとあとで困る。

自分は二段階でやってます。ラフと清書。
ラフはページ調整と文字量調整。あと文字と絵にした時はイメージが大幅に変わることもあるのでそこらへんの調整。清書はコマ割や構図、どんな絵をいれるかとか。演出的なもの。

担当さんがついている場合はネーム地獄を多くの方が体験するのではないでしょうか。OKが出るまで描き続けるしかない。

担当さんが最初と言っていることが違う?よくあることです。描き続けろ。

心がへし折れそう?腐るな。苦しいのはみんな一緒だ。描き続けろ。

何を描きたいかもうわからない?最初に書いたテーマを見返して描き続けろ。


原稿
こちらはもっと細かく分けると下書きペン入れ仕上げトーンと段階分けされます。

漫画の描きはじめの時期などはとりあえず早く原稿やりたくて、プロットやネームをふっ飛ばしたり。ネームと原稿、同じ絵を描くのが苦痛だったり。原稿を最後まで描ききれなくて途中で放棄したり。そういうことがあるかと思います。

いきなり原稿をやって、それで面白いものを描けるなら、それはそれで良いと思います。ただ担当さんなどいる場合は、ネームは絶対にやる羽目になります。

漫画で大事なのは作品を一本一本きちんと仕上げることだと思います。

ただ漫画って思っているより仕上げるのが難しいというか初心者が最初にぶち当たる壁でそこで脱落する方も多い。その後も担当さんや賞や連載、単行本などいくつも壁はありますし、自分も壁に常にぶち当たってますが、一本仕上げるのは最初の一歩です。

自分もきちんと作品を一本一本仕上げよう。迷って投げ出さないようにしようと思ってはいます。…思ってはいます。ただまあ、スッパリとした見切りも時には大事だとは思う。




ざっくりとした説明は以上となります。
上記のものは、最初にも書きましたが、あくまでも自分の手順です。基本に沿っているとは思いますが、やり方は人それぞれ。あと面白い作品を作れるかは、また別問題なので、そこは分けて考えて下さい。




え?面白い作品の作り方?
…すみません。自分も知りません(オイ


 

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ