Welcome to my blog

漫画制作雑記 カラー(色彩)

色彩検定3級合格しました

2
g.jpg

今更ですが色彩検定3級 合格しました。

受験した2018年冬期の合格ラインは200点満点中137点。

自分の点数は出ないようで自己採点だと全問正解してました。自己採点自体でミスをしていなければ200点?自分が100狙って100を取れることは基本無くて、絶対にどこかでガバる。なので採点ミスしている可能性も疑われます。


ブログでは三級で行った勉強方法を書いておきます。独学です。準備期間20日程度。

前知識として、イラストなどでフォトショやクリスタ、SAIなどは触っていたので、色相環というものは見慣れていて、色相環上の補色や類似色などのざっくりとした知識はあり、(見分けはできませんが)色相、明度彩度などの概念は知っておりました。


使った教材


メインで使用したのは、カラボ色大学さんの「1週間でスピード合格! ! 色彩検定3級テキスト&問題集」

一週間で合格と書いてありますが、これを14日間くらい小分けにしてやりました。自分のペースではこの内容を一週間でおさえるのは無理だったかなと。物覚えが良くて、要領の良い方ならいけるかもしれません。

練習問題が細かく挟んであり、問題の形式が試験のものと似ているので、過去問をやったときも違和感なくできました。

公式テキストは最初が光のスペクトル、目の構造などから入り、いきなりうわあああっ(悲鳴)となりましたが、こちらは色名の説明、慣用色名、色相環など、色の勉強らしい勉強から入ってそのあとに光などの説明に入り、学びやすかったです。

あと余った時間は過去問と復習。苦手な部分の補強。
公式の過去問二回。問題集の模擬試験を二回。一回ごとに、採点。間違った部分の復習。公式テキストで復習+補強。

試験は公式テキストの画像などを使用しているので、見ておくと捗ります。
学校の勉強は好きじゃありませんでしたが、これは自分が興味のあるものなのでとても楽しく勉強してました。

色彩検定を受けようと思ったきっかけなどは前回のこちらの記事を合わせて御覧ください。


自分はノートにひたすら書いて覚えるタイプなので、ノート丸一冊使って内容を頭に染み込ませましたが、ノートだと色自体の勉強がしにくいというか…正確な色を頭にいれないといけないのにそれができない。
三級はテキスト本の色を見るだけで十分でしたが、二級だとたぶん無理だろうなと。別の勉強方法を考えようかと想います。


配色カードは一応買いましたが、三級だけなら必要性は感じませんでした。

三級は入り口で基本的な色の説明っぽいので、色の厳密な見分けや色選びの要求はされない。明清色か暗清色か中間色か。ざっくりとした色相、彩度、明度の個別見分け。トーンだとだいたいどの辺かくらいわかればおけー。

…全部自分ができるとは言っていない。


PCCS24色相環をかけて、PCCSトーンをきちんと書ければ、ある程度対応できるかなと。個人的に苦手なのはグラデーションの見分けです。色相、彩度、明度どのグラデーションを問われているかしっかり確認しないといけない。


先週ブログの更新をできなかったので、今週もう一回更新できるといいなと思っています。
関連記事

みや  

2019-01-28 18:58

合格おめでとうございます!

EDIT      
まいたけ

管理人  

2019-02-01 18:24

>みやさん
ありがとうございます!次も頑張ります!

EDIT      

コメント