Welcome to my blog

雑記 ゆかマキ

原稿中のゆかマキ深夜妄想

0
今やってる原稿が無事に終わったらアベンジャーズ観に行くんだ(白目

声月も行きたいけど、原稿の進行状況的にどうかな。いやしかし本は補給したい。できれば2日間行きたいけど正直厳しい。一日目に無理して行って本番の二日目ダウンしたら洒落にならない。

鉛筆の持ち方変える練習中なのが予想以上に進行に響いている。変な力の入れ方してしまって腕めっちゃいたい。

ちなみに、この前やっていた夏コミ二冊分のネームはすでに完成済みです。一晩じゃ足りなくてやはり二晩かかった。原稿終わったら見返して修正します。夏コミ落ちたら冬コミ4冊新刊とかになりかねないので、受かりますように。


原稿中ってぼんやり色々考えるんですよね。それをつらつらと書き出してみます。
(以下ゆかマキ妄想語りなのでご注意ください)

IMG_4332.jpg

マキさんは小学生の頃にお母さん亡くしたらしいし、男の片親ってどうなんだろう。
男性はドン引きするかもしれませんが生理とか下着とかどうだったのかな。大変そうだなと。マキさんそういうの早そうだしお母さんがいる内に色々サポートしてもらえてればいいけど、お母さん亡くした時期と重なったらそれはもう最悪だな。

そして、そんなマキさんに気がついた学校の保険医、結月ゆかりさん。精神的にまいっている時に体の変化もきてぐるぐるしている弦巻さんを暖かくサポートしてくれる。うん!萌えるぞ!いける!

…でも恋愛方向には進みませんね。中学生に手を出すのは倫理的にアウトだよなぁ。

なら大学受験を控えたマキさんとその家庭教師ゆかりさんとか!
交通事故にあって入院した大人マキさんと看護師ゆかりさんとか!
不良マキさんと女教師ゆかりさんとか!

……うん!これただのエロシチュ妄想になってきている気がしなくもない。

ゆかりさんが年上というか指導する側なのは、ゆかりさんなら追い込みをかければ道を踏み外しそうというか手を出す可能性がありそうかなって。この二人は結構、お堅いというか崩しが難しそうなんですが…。特にマキさんは職業的というか役割の縛りがあると絶対に手は出さなそう。
しかし「絶対」を崩すと大いなるカタルシスが得られるからチャレンジしがいはあると思うよ!マキさんのキャラを保ちながら壁を崩すのは至難の技かと思いますが。…でもギタリストって肩書だと凄く軽そうなだな、マキさん。

あとは単純にマキさんって母親を求めているだろうから、そのポジションにゆかりさんがハマりやすい。マキさんは悪化すると赤ちゃんプレイ…とまではいきませんが甘えるときに若干の幼児退行をおこしそう。


さらに思考を深めていくと、キワモノ系なんですが、マキさん…じゃなくてマッスロイドのムキさんと普通のゆかりさんのゆかマキ…じゃなくて「ゆかムキ」とかどうよって。

ビジュアル的にマッスルと線の細い控えめスレンダー美女ってとてもくるものがあるんですが。百合かと聞かれると困る。

筋肉に目覚めてしまった親友マキさん。あらゆる手で一緒にジムに通おうと誘われる、ゆかりさん。マキさんに軽々とお姫様抱っこされるのは嫌ではなく マキさんのより厚く、雄大になった大胸筋の感触がゆかりさんを惑わしー……

…ギャグにしかなりませんね。恋愛にはなら…ならない…うん。たぶん。デートで仲良くプロテイン飲んだり。…ゆかりさんの腹筋が割れるたびに愛が深まったり。

オチが全員マッスロイドになる未来が見える。

逆にゆかりさんがマッスロイド。マキさんが普通だとすると…うーんマッスルとパツキンダイナマイトボディ美女はベタすぎて意外性が。

マキさんと合わせるなら性格的にも美女とマッスルじゃなくて、おねショタだよな!とか考えていたら夜が明けていた。
本日の原稿ノルマ終了したので寝ます。

令和最初のブログがこれって最悪だなと書き終わってから気がついた。
関連記事

コメント