Welcome to my blog

同人誌 アフター日記

コミケ96お疲れ様でした。

2
otuc96.jpg
なんとなくカラーの気分だったので 縛りプレイの一例

少し間が空きましたがコミケ96お疲れさまでしたー。当日はサークルスペースまで足を運んで頂きまして、ありがとうございました!サークルとして配置された南館は空調が効いていて快適でした。もう夏は今後ずっと南がいいです。


まずはお礼から。
本をお手にとってくれた方々、お声がけをしてくれた方々、モチベーションと励みになります。ありがとうございます。

挨拶させて頂きましたサークル様、皆様素敵な本を描いていらして、こちらもありがとうございます。ご馳走様です。

印刷所さんに書店さん、コミケスタッフさん、お世話になっております。今後ともよろしくお願いいたします!
差し入れなどもいただきまして、恐縮です。本当にありがとうございました。


今回お手伝いさんが追加で一人来てくれまして、メイン売り子をやる予定でしたが皆さんテキパキ動いてくれましてサークル主は椅子で地蔵化してました。
これだったらスケブ受けられたな…などど頭をよぎりましたが基本、告知はしたものはひっくり返さないようにしてまして…ごめんなさい。お手伝いさん、ありがとうございます!

今回もラストまで頒布しておりましたが、全部まとめてお手にとってくれる方が多く驚きました。ゆかマキはいいぞ。



本の内容に軽く触れますと、ボイロ童話は慣れたショートギャグでネームはパッと組み上がりましたが。毎回舞台が違うのでその度に世界観を伝えるちゃんとした背景が必要。加えて衣装も全部違うってことで作画が結構しんどかったです。でも描きたかったネタなので描けて満足。

ゆかりさんがネコっていうのは単純に自分の好みなだけです。彼女感のあるニャンニャンしたゆかりさんが好きなんです。マキさんはバリタチだと鬼に金棒って感じなんで、ちょっと可愛げが残るリバかな。…でも見る分にはバリタチ大好きです。自分が描けないだけ。
用語がわからない人は検索してムダ知識をつけていきましょう。


恋の歌穏はシリアス系のお話なのでネームで七転八倒。そしてギャグ漫画描きの人間は真面目に本を描くと強烈な不安感に襲われる。とても罪作りな本。でも今回は真面目にやりたかったし、どうしても描きたかった。描けて満足。

中間地点で第一部完。続きはタイトル変えてかなぁと思っております。
今回からネギトロが入ってきたんですよね。漫画のキャラは役者みたいなものって昔、職場で教わったのですが、ゆかマキを美味しく掘っていたらギャラがくっそ高いミクさんに行き着いた気分。

ちなみに自分がクリプトン組で一番好きなのはルカさんです。
マキさんと並べて描いてみて思いましたが、どちらも公式巨乳設定。しかしルカさんは性的に見られないようにあえて肌を白くして生命力が薄く冷たい印象になるよう配慮されているそうです。対してマキさんは見せてアピールしていくスタイル。事務所の方針の違いが出て面白い。

個人的には過度に見せていくと安くなるイメージなんですが、自分はお手頃価格(オイ)なマキさんが大好きです。遠くのバラより近くのたんぽぽ。自分にもワンチャンあるんじゃね?そう思わせてくれるマキさんは素敵だと思う。


コミケ前日に成田空港に行ったんですが、ミクさんがドカンと映像で流れていて、ショップにもミクさんグッツがあって、こんな国際的なミクさん相手に、ゆかりさんが得意の喋りを封印して立ち向かうのはドM以外やらんなと改めて思った。
(棚にゆかりさんグッツもちょっとあったよ嬉しい)

冬コミも申し込みしておきました。ゆかマキです。二冊出せたら嬉しいですが、ネーム次第かなと。

関連記事

ロディ  

2019-08-23 18:39

コミケお疲れ様でした
無印の頃からずーっと読ませていただきました
内容的にも、これで終わっちゃうのかなぁ…と思っていたらまさかの中間地点とのことで、この先も大量の砂糖を補充できると思うと嬉しくて仕方ないです!
これからも頑張ってください(`・ω・)ゝ

EDIT      
まいたけ

管理人  

2019-08-27 20:39

>ロディさん
ありがとうございます!このゆかりさんとマキさんはゴールさせてあげたいので
頑張ります。ゆかマキは砂糖を精製しやすのが素晴らしいですよね。

EDIT      

コメント