Welcome to my blog

プリキュア 初代

プリキュアじっくり見てみた

13


以前本放送の時に何度か見た事がありましたが近所のレンタル屋が半額セール中だったのでこの機会に百合っぽい回だけ選んで見てみました。
ちなみに初めて見た時の感想

なーんか絵が微妙だね。しかし何故ラクロス?

魔法少女モノか。しかし変身シーン色気ないなオイ

投げやりな敵登場。はいはい。これでキラキラードカーンって

…って素手で殴るのかよ!


暇な方は「続きを読む」でダラダラした感想読めます。

はいプリキュアは魔法少女モノとは思えないガチバトルをするんですね。しかも敵はマッチョ系のお兄さんが多い。そのマッチョが小さい女の子相手に拳を振るいます。もちろん殴られます。
これ明らかに狙ってますよね。いや、自分としては美味しいですが子供向けでこれをやっていた事に驚き。なかなかチャレンジャーなスタッフだ。

女の子のガチバトルもの。自分は大好きなんですが…こう加減が難しいんですよね。あまりにボロボロになると見ていられなくなりますし(それが好きな方もいるでしょうが…)リアルにアマゾネス系でこられても可愛いとは思えない(いや、もちろんこれが好きな方もいるでしょう)しかし基本的に華麗に女の子が舞い踊る姿を見たい訳ですよ。
これに関してはなかなかいい具合に調整してありますねプリキュアは。たまにえらい動くドラゴンボールな戦闘シーンもあり。(グタグタなのも多いですが)
舞乙もラストはこれぐらい殴り合いして欲しかったですね。

百合に関しても固い絆、友情。ソフトなラインで収められていていいですね。友達グループの違う正反対の二人が少しずつ仲良くなっていく。
8話は特に作画もよくいい百合でした。ただ自分が百合百合したのは日常パートというより変身後のお互いを必要以上に庇い合う戦闘シーン。白がやられれば黒が庇い、黒がやられれば白が抱きとめる。
もちろん必殺技は手をギュッと握り合うとパワーアップ。
DVDの10巻あたりは怒涛の接触。
ロミオとジュリエットで脚本無視の台詞。最後は二人で抱き合って閉幕→担任の先生の結婚式。黒い方が最後ブーケをキャッチ→次の回 お泊り 白のお宅でベットイン(オイ
素材はあるので妄想で補完していく形で見るといいですね。

まあ基本的に子供向けです。ぶっちゃけありえないトンデモ展開が多いですが毎回ちゃんとバトルで締めるしそこまで外してはいません。グッタリしてきても次の回のOPで許せますし。ええ。
最初のグワーッと後ろからカメラが回り込んで変身後の二人がジャキッとポーズを決める所は癖になる。グルグル回る二人もいい。あと歌。頭の中でエンドレスリピート。これはなかなかの中毒性。

人気が出たのもわかりました。うん。つまり手を繋いで百合でキュアキュア。全身タイツのマッチョな敵とトンデモDBバトル。これっすね。

絵は現在放送中のスプラッシュスター?の爆発パイナップルヘッドを見た今だとこっちの二人がえらい可愛く見えて困ります。

さてマックスハートの方はどうなんだろう。
またレンタル屋のキッズコーナーで恥ずかしい思いをしてきますか。
舞-HiME見たときは最初、舞衣が黒でなつきが白だと思ってたんですが4話で絶望(ノーパンきゃー!下着集めが趣味でバッキャロー…キャラ崩壊じゃんorz)。何が百合アリの作品だ!と投げたんですが最終的にはなつきが黒で静留が白だったようで、うん。黒なら4話もありだった。
いやー自分の百合眼もまだまだ修行不足ですね。

関連記事

とらにゃも  

2006-08-28 21:15

漫画版なつきは楯と”マックスハート”、漫画版NATSUKIはNAOと”スプラッシュスター”・・・・。

うん。なつきは公式に百合キュアだねw

EDIT      

小栗  

2006-08-28 22:26

プリキュアのディレクターってドラゴンボールのディレクターみたいっすね

EDIT      

けいいち  

2006-08-28 22:29

プリキュアですか。。。本番を見たことはないんですがそのオプニングの歌があまりにも強烈で覚えてます。

プリキュア~プリキュア~

EDIT      

chopper  

2006-08-28 23:02

プリキュア無印はぜひ第8話を。
あれはよかった。うん。

EDIT      

『鳳龍』  

2006-08-28 23:36

 プリキュアはノンケだったはずの黒が、バイセクシャルな白に篭絡されていった話にしか見えないのは、私だけではないと思いますw

 お泊りの回では白が黒を美味しくいただいたに違いありませんw CMが明けたら既に事が終わった後のピロートークになっていてビックリしましたw(爆!)

EDIT      

通りすがり  

2006-08-29 01:20

11巻の第42話は御覧になられましたか?

囚われの白は、まさに姫。
必死に探し回り助け出す黒は、王子です。
DBバトルも全開で、萌え燃えの回なんですw

プリキュア観るなら、8話。37話。40話。42話。は必見なのです!
もしも、まだなら是非ww

EDIT      

きむ  

2006-08-29 17:50

>バイセクシャルな白に篭絡
どこぞの薔薇様みたいですねw

EDIT      

炎  

2006-08-29 21:00

プリキュアですかぁ~
映画出てたようなきがしますが・・・
あと舞乙DVD8どの店も売り切れで
困ってます!w

EDIT      

文月  

2006-08-31 14:43

「MAXハート」の方は再び中毒性の強いOPですよ。
新キャラが出てきますが、声はたしか舞乙のトモエだった気がします・・。役柄的に黒ではないのであしからず。
MAXになると、黒の変身後のコスチュームがヘソ出しではなくなってしまうのです・・
半額セールのお店がツ●ヤなら、携帯かパソコンのツ●ヤHPで会員登録しておくと、会員だけの半額セールやるときがあるのでお得ですよ!

EDIT      

鞠嘉  

2006-08-31 14:54

「二人は五柱」見させていただきました。
あ~~~!!うける~!編集技術に万歳ですよ!凄すぎる!
なつきの「ぶっちゃけありえない」の歌詞のところ口に歌があっていたのがブラボーです☆テロップ変えてあったし。
MAXハートの方でも見てみたいですね。多少仕様が違うので・・
映画ありますよね、たしか

EDIT      

管理人  

2006-08-31 15:56

プリキュア百合感の変化
無印本編 こりゃあいい友情ですね
映画1   白やばいよ。ホンモノだよ
映画2   もう付き合っちゃえよ。ちゅーしちゃえよ。

ども、腐ってます。管理人です

>とらにゃもさん
作者は相当好きなんですかね~。それとも編集の趣味か?
相方は誰でもいいですがなつきは黒。これは譲れませんね(笑

>小栗さん
おお、納得しました。だからあんなにマッチョで衝撃波なんですね。

>けいいちさん
プリティでキュアキュア~
これは危険です。恥ずかしいこと、この上ないですよorz

>chopperさん
8話だけ異常に出来がよくて笑いました。シナリオ、演出、作画全部素晴らしかったですね。

>『鳳龍』さん
少し前の自分なら、いやいや、あれは友情で~…なんて言ったかもしれませんが映画版を見た今ではそんな事恐れ多くて言えません…orz
白はホンモノですね。はい。

>通りすがりさん
42話見ましたよ。白が捕まるってあらすじが書いてあったんで(w
絵は崩れてましたけど戦闘シーンは凄かったですね。動く動く。細かい事はいい、熱くなれーといった感じでしょうか

>きむさん
やはりエロい人が初心そうな人を落すというのがいいんですかね~。

>猫さん
>プリキュアは素手で戦う変身
美少女モノなのが斬新でいいですね
今までの変身美少女は、胡散臭い
魔法ステッキ持って戦うの多かったし。

すいません。黒寄りのグレーゾーンのサイトのリンクが貼られてたので勝手ながらコメントを削らせて頂きました。ここは匿名掲示板ではないのでちょいと気を使って頂けると嬉しいです。神経質と思われるかもしれませんが
どうぞご理解下さい。
まあ、自分は恐らく普通の魔法少女モノだったら見る事が無かったと思います(笑
しかし子供向け…。凄いなぁ…本当に。

>炎さん
舞-HiME8巻は永久保存版ですよ~。もうジャケットだけでメロメロです。個人的に話の内容は7巻の方が好きですが25話に全部持っていかれます orz

>文月さん
おおっ!貴重な情報ありがとうございます。HPか…気がつきませんでした。
しかしヘソ出しを無くすとはけしからんですね。逆転ホームランで今度は白がヘソ出しー……無理ですか…そうですか(涙

>鞠嘉さん
MAXハートのOPも良かったですね。無印より動いてて。あとこの手の作品はあれがあれで、これがアレなので小声でよろしくお願いします。



EDIT      

nana  

2006-09-03 16:19

まいたけさんが最初の頃マリ見て漫画を投稿していたP(reC)ureさんのプリキュアイラスト&漫画覚えていらっしゃいますか?あれは、本編みた後に対応イラストをみると、プリキュアが何倍も美味しく頂けます。

EDIT      

管理人  

2006-09-06 06:40

>nanaさん
はい。もちろん覚えております。忘れる訳ないっすよ(w
あちらの絵は抜けて可愛かったですからね~。しかしそこのせいで、プリキュアに最初から「白が上、黒が下」。とういう妙な知識を持って見始めた自分に悲しみを覚えます。

EDIT      

コメント