カテゴリ:【二次創作他 はやて×ブレード 】の記事一覧

≪新しい記事へ | | 古い記事へ≫



はやて×ブレード一人祭り第四日目



黙々と第4日目。今回は只今株価急上昇中な玲と紗枝。

この二人はそれぞれ跡継ぎ問題と許婚問題を抱えていて大変ですね。
まあ玲の方は自分で自分を崖っぷちに追い込んでいるだけとも見えますが。
個人的に紗枝にちゃんと許婚がいるのが美味しいですよね。男を交えた三角関係IN百合は大好物です。

玲の目標は打倒会長ゲット天地学園な訳ですが正直みかどんが会長を倒す姿は想像できなーっ(殴
まあ仮に倒しても紗枝の方の問題で二人の別れは避けられない訳ですが。
そんな二人の今後をできるかぎり想像してみた。

(1)会長に負けて紗枝もいなくなってみかどん孤独エンド
(2)会長に勝って紗枝にいい景色見せて格好よく別れるよエンド
(3)どっちでもいいから、みかどんが紗枝を情熱的に奪っちゃうよエンド
(4)林家先生の超パワーでなんか全部丸く収まっちゃうよエンド

私的お勧めエンドは(1)です(オイ
まあ正直、頂上戦をやるかどうかも怪しいんですよね。林家先生ならまずBADエンド系はないと思うのである意味安心して見れるのが救い。

紗枝ならかなり上手く色々やっちゃうと思うんですがね。
でもそんな紗枝が折れた所を普段自分だけでいっぱいいっぱいなみかどんがグッと
支えたりしたら、もうメロメロですよね!自分が!

系統的に普段、このサイトのお取り扱いキャラの
なつきや会長に似ている所があるんで、かなり大好物な関係です。これからに期待。

余談ですが単行本初期のみかどんのキャラの違いっぷりは吹きました。女言葉っぽいの喋っていたり…。そうか…最初はこんなキャラだったか。


 

はやて×ブレード一人祭り第三日目



三日目は鉄壁コンビ会長と静久。
会長ならリンゴ飴でも勝てるよ絶対。気合で。

努力と根性、静久の天然で支えられている二人は最強じゃなかろうか。
今はみかどん戦も控えてますがこの二人が負ける姿は少し
想像できないんですよね。

不安要素といえば会長の左足ですがこれは無難に考えると義足とかそっち系か?
昔のケガって線もありますが…鋼鉄製ならえらい武器になりそうです。
でも左足が無くなっても会長は勝つんじゃなかろうか。
努力と根性と静久の天然で(オイ

そんな静久はもうそこに存在するだけで萌え対象。
会長への忠犬っぷりはもうその為に生まれてきたとしか言いようがないですね。
そこで待ってろと言われれば雨が降っても台風が来ても槍が降っても待っているに違いない。
しいて言うなら会長にベッタリなんで他のキャラとの会話ももっと
聞いてみたいですね。一年生組とか。

しかしトップがここまで不動だとこれからどうなるんですかねー。
話を動かすとなるとこの二人の敗北があると思うんですが…。
うーん想像できない。


 

はやて×ブレード一人祭り 第二日目

kuremi.jpg

二番手はポッキーであーん。紅愛とみのり
例の如く体操着の色が分からないので無難にでっち上げ。

ドラマCDの公式サイトが更新されてますね。
キャストさんのコメントがズラーリ。さて、槙先輩はちゃんと喋ったのだろうか

ではキャラ話。
紅愛は頂上戦で会長にクルクルさせられて以来、弄られキャラに
シフトチェンジ。
何だかんだでみのりの世話をするんですよね。最新刊でのバーベキューで
みのりに「あーもー野菜捨てない」とか言って
皿を差し出す姿はどうみてもお母さん(オイ

みのりは正直好きなタイプじゃなかったはずなんですがアレですね…
罰ゲームの時の会話で紅愛と一緒にKOされましたね。
あとは戦闘スタイルが面白い。幼女+長刀。コレね!

しかし思うんですがSランクの再挑戦組って星を全て失うってことは
最低ランクからやり直しって事ですよね…。
Dランクの人たちにとってはいい迷惑だ。絶対みんな逃げるよね。
捕まったら最後…

これは星奪りではない!一方的な狩りである。

この二人もある意味またここからスタート組。
Dランクで狩りをしている姿も見てみたいですね(オイ

あと最後に…祭り期間中はちょっと忙しくなると思いますんで
コメントへの返信はお休みさせて頂きます。最終日から返信は再開させて
頂きますので。さて明日は誰描こう。

 

はやて×ブレード一人祭り 第一日目



そんな訳で以前言っていた祭りを唐突に開催してみる。
一番手は槙先輩&ゆかりコンビで。

一週間連続更新(たぶん)。1日目から5日目までは自分の好きな夫婦…もといコンビを徒然と。ラスト2日は軽く漫画でもと計画中。
では続きは気持ち悪い文章で徒然と。

槙先輩はあれですね。夫と別れて出てきた女を放っておけずに
一緒に暮らし。結局、前の夫が迎えに来て迷う嫁の背中を笑顔で押してしまう
そんな底無しのいい人ですね(どんなだ
5巻までゆかりの付属品、商店街でもらった100円カッターの刃でしたが
6巻でゾーリンゲンの刃に進化。

ちなみにゾーリンゲンはドイツの刃物で有名な町だそうです。マニアックすぎる。

ゆかりはぶっちゃけ綾那の嫁だと思ってたんですが最新刊の「死なないで先輩ー!」あたりでこれはやっぱり槙先輩の嫁だよと。
今までSっぷりが光っていたゆかりですが、あの時はMになってましたね。ええ。
普段Sの人って意外と槙先輩みたいなタイプに弱いと思うんです。ええ勝手な妄想ですが。

5巻のお笑いライブ観戦時なんて会話が完全に付き合い始めたばかりの
カップルがデートの場所を間違った時なのが笑える。初々しすぎる。
この二人に関しては炎雪戦からが本番スタートみたいな感じなので
これからどうなるのか期待ですね。

…まあ本編での役割は大勝負が終わってしまったので不安ですが(出番的に

ちなみにドラマCDの槙先輩役は進藤さんだそうで。
阿呆みたいに喜んだもののどうにも槙先輩の喋り声が想像できない…(汗
どうなるか楽しみです。槙先輩は某会長と違って最高に普通の方なんで
きっと進藤さんも安心。…まあ出番は一言二言かもしれませんが orz

ちなみに槙先輩の髪の色は分からなかったので勝手に捏造。
静留色を流用してみる。


 

はやて×ブレード 5巻

h7.jpg

出ました!はやて×ブレード5巻。近所の本屋に置いてなくて結局通販で購入。一緒に手に入ってなかった女子高生と百合姫もゲット。
ネタバレなんで感想は一応隠しておきますね。

 

はやて×ブレード ドラマCDキャスト決定

h5.jpg

発売は来年の春ですが、はやて×ブレードドラマCDのキャストが決定した模様ですね。期間限定公式サイトもオープンしたようです。

中の人の知識に疎いんでアレですが、恐らく知った全ての人がツッコミを入れたであろうキャスティング。

久我 順 :豊口めぐみ

………ロサ・ギガンティア―…orz

いや、まさかここまで直球勝負でくるとは思いませんでした。はっはっは。
全て理解した上で、あえてど真ん中に投げてきた漢気を評価したいと思います。個人的には別の方でサプライズを期待したかったんですが、いざ決定してしまうと…もう早く聞いてみたくて仕方がありませんねー。

綾那に虐待される聖さま

いいじゃないですか…むしろ推奨。
ちなみに志摩子さんの中の人も出演。キャラはこの人。





h6.jpg

犬神五十鈴 :能登麻美子

まずい。突然ワンコに萌えてきたっ…(オイ
こっそり志摩子さんの中の人は夕歩あたりかなぁ…なんて夢想してたんですがこうきましたね。まあぶっちゃけ夕歩は出ない訳ですが。
となると順は綾那の虐待対象だけの役目tっー(ry
…あと気になるのは会長と静久の漫才ですね。うん。

ちなみにこのドラマCD。アニメイトの通販で買うと「林家志弦先生描き下ろしミニマンガ」がついてくるらしいです。これは欲しい……。詳しくは公式覗いて見てください。

しかし単行本派は辛いですね。燃料が補給できずに干からびてしまいそうです。何といっても3巻は順、夕歩編の美味しい所でぶった切り。
風の噂じゃ続きは凄いらしいじゃないですか?甘いそうじゃないですか?
しかも電撃帝王では順主役の読みきりが載るらしいじゃないですか?

…もう買っちゃえよ自分…orz


あ、あとまたしばらく留守にします。
なんで明日(今日)の舞乙水着祭りの感想は無理っぽいです。…が、あまりにも学園長やシズルがMIDARAな姿を見せたら叫びにくるかもしれません。




 

ハッピーサプライズ!

h4.jpg

仕事でしばらく消える前に更新。
えっと計算適当なんで間違ってたら大いに突っ込んでやって下さい。
はやてブレードは何やらドラマCD化決定のようですね。これが噂のハッピーサプライズってやつですか!いやっほう!この調子ならアニメ化も近いかもしれませんね~。いや、めでたい。
少し前に発足したはやブレ布教委員会ですが現在10人の方からハマりました報告を受けております。すげえ!布教するもんですね!やっぱりはやブレ面白いんですよ!

…で自分はこれから仕事で家を留守にするわけですが、その期間に購入予定の発売される物。

・舞-HIME DVD9巻
・舞-HIME ファンディスク
・舞-HIME PCファンディスク 2巻


………来月まで生殺しですか…orz
帰ってきて見る頃には祭りの後…。何かDVD9巻は期待できる内容っぽいじゃないですか?ふふふ…トコトン祭りに乗り遅れる奴ですね。舞-HIMEにハマッたのも最近だし。
はは…我慢できるかなぁ…。しかしまあ、仕事しないとお金稼げないし…。うん…。


何で人間って働かないと生きていけないんだろう…


では続きははWEB拍手の返事です。溜めまくってすいませんー。

 
このページのトップへ